コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西山[町] にしやま

百科事典マイペディアの解説

西山[町]【にしやま】

新潟県中部,刈羽(かりわ)郡の旧町。日本海に面し,越後線北陸自動車道が通じる。明治期に開発された西山油田は明治末〜大正初期に全盛期を迎えたが,昭和に入ってから衰退した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にしやま【西山[町]】

新潟県中部,刈羽郡の町。人口7396(1995)。西山丘陵の南西部にあり,中心集落西山は柏崎平野北端に位置する。明治末から昭和初期にかけて,日本最大級の西山油田が全盛を極め,最盛期には国産石油の50%を占めた。油田は別山川と日本海にはさまれた砂丘地帯に分布し,1881年には町内石地に日本石油会社が設立され,日本の近代石油業発祥の地となった。現在は天然ガス採集が行われ,町内のみならず柏崎市刈羽村の一部にも供給している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android