(読み)ショウ

  • ▽請
  • しょう シャウ
  • しょう〔シヤウ〕
  • しょう・じる シャウじる
  • しょう・ず シャウ‥
  • しょう・ずる シャウ‥
  • せい
  • そう・ず サウ‥
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

願い望むこと。また、招くこと。招き。
「長者の―を得て行き給ひけるが」〈太平記・三五〉
古代、律の規定による刑法上の特典。五位以上の貴族などに適用された。
常用漢字] [音]セイ(漢) シン(唐) ショウ(シャウ)(呉) [訓]こう うける
〈セイ〉物事をたのむ。願う。こう。「請願請求強請(きょうせい・ごうせい)懇請招請申請奏請要請
〈シン〉に同じ。「普請
〈ショウ〉に同じ。「勧請(かんじょう)起請
[難読]強請(ねだ)る強請(ゆす)る強請(ゆすり)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① こい願うこと。頼むこと。また、人を招くこと。要請。依頼。招請。
※観智院本三宝絵(984)中「新羅に五百虎の請を受て新羅にいたれり」
※太平記(14C後)三五「舎利弗是を見給ひて〈略〉伽耶城に入て、檀那の請(シャウ)を受け給ふ」
② 令制で、特定の身分ある者に対して与えられた刑法上の特典。議(ぎ)につぐ資格として、五位以上の貴族などに適用された。
※律(718)名例「請、謂、条其所犯及応請之状、正其刑名奏請」
〘他ザ上一〙 (サ変動詞「しょうずる(請)」の上一段化したもの) =しょうずる(請)
※大道無門(1926)〈里見弴〉隣人「『どうぞこちらへ、どうぞこちらへ…』と、頻に奥へ請(シャウ)じるし」
〘他サ変〙 しゃう・ず 〘他サ変〙 招待する。まねく。案内して内にまねく。
※竹取(9C末‐10C初)「とまれかくまれ、先づしゃうじ入れ奉らん」
※徒然草(1331頃)一二五「四十九日の仏事に、或聖を請じ侍しに」
〘名〙
① こいもとめること。ねがうこと。
※東国紀行(1544‐45)「わが興行の外聞に脇をば霜台作名にと内議有けん。つよきせい成べし」
② 「せいげん(請減)」の略。
〘他サ変〙 請い招く。招待する。しょうずる。
※宇津保(970‐999頃)蔵開上「女御のきみ、いときよらなる女の装束をとり給て、三の宮さうじ奉り給て『〈略〉この御使にものし給へ』とて奉り給へば」
〘他サ変〙 ⇒しょうずる(請)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

請の関連情報