コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

起請 キショウ

デジタル大辞泉の解説

き‐しょう〔‐シヤウ〕【起請】

[名](スル)3が原義》
自分の言動に偽りのないことや約束に違背しないことを、神仏に誓って書き記すこと。また、その文書。
起請文2」に同じ。
「花川といへる女に―を書かせ」〈浮・一代男・三〉
物事を発起し、その実行や順守を主君などに誓願すること。上申して、上級官司の裁可を請うこと。また、その文書。
「大宰大弐従四位上藤原朝臣衛、四条の―を上奏す」〈続後紀・承和九年八月一五日〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

起請【きしょう】

元来は官司が上表して新法令の公布うこと。またそれを請う文書(もんじょ)で,起請文とは区別されるべきもの。10世紀ころからは禁制(きんぜい)の意をもち,さらに転じて神仏に申して誓約する例がみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きしょう【起請】

ある事を企画・発起して,その事案の実行を上位者に願い出,許可を請う文書をいう。もともとは起請文とは区別して用うべき文書名であるが,後にはこの両者は混同して用いられるようになり,起請が単に起請文の省略として用いられたり,誓約の行為そのものを指して使われている場合も多い。古文書学でいう起請の古い例としては《続日本後紀》や《三代実録》などに見え,9世紀ごろ大宰府などから中央に政策等の実行を申請した内容のものが多く,また,《本朝文粋》には兼明親王小倉山に作ろうとした山荘について,そこでの生活の抱負をのべた10世紀後半の文章が〈山亭起請〉として収められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きしょう【起請】

( 名 ) スル
物事を企て、上申してその実行を上級官司に対して請うこと。また、その文書。 「藤原朝臣冬緒-四事を進ず/三代実録 貞観一二
神仏に誓いを立て、それにそむかぬことを宣言すること。また、その旨を記した文書。 「全く不忠なきよし、一日に十枚づつの-を昼はかき/平家 12
(男女が)互いにとりかわす、固い約束。また、それを記した文書。 「花川といへる女に-を書せ/浮世草子・一代男 3

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の起請の言及

【本所法】より

…寺社は宗教的領主であるから,宗教教団護持の法と所領支配の法とが混在する。一寺一社の規模では,宗祖や所領支配開始者の設定する起請・規式などが成文法の中心となる。970年(天禄1)の天台座主良源の起請,1185年(文治1)の神護寺文覚の起請などがその例である。…

※「起請」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

起請の関連キーワード女郎・女臈・女﨟・女臘柳家 つば女(6代目)古今亭志ん生(5代)タイガー&ドラゴン無体・無代・無台女﨟の千枚起請三代御起請地二十五三昧式昆布に針刺す六角氏式目傾城浅間嶽のせ猿草子一枚起請文写真の仇討八枚起請南淵弘貞酒呑童子浮世草子一味神水神意裁判

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

起請の関連情報