豊島(区)(読み)としま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊島(区)
としま

東京都区部の北西にある区。1932年(昭和7)北豊島郡巣鴨(すがも)、西巣鴨、高田、長崎の4町が合併して豊島区となる。山手(やまのて)台地にあり、南端に神田(かんだ)川の谷があるほか、いくつかの侵食谷があって坂がみられる。台地は江戸時代に御鷹場(おたかば)に指定され、また江戸の郊外として寺院のほか、染井(そめい)は植木、花卉(かき)の村で知られた。なお、東部を中山道(なかせんどう)(国道17号)が通り、巣鴨には江戸六地蔵の4番目の寺の真性寺(しんしょうじ)、「とげぬき地蔵」として知られる高岩寺(こうがんじ)があり、また南端の目白には目白不動の金乗院(こんじょういん)、子育ての雑司ヶ谷(ぞうしがや)鬼子母神堂(きしもじんどう)があり、庶民の信仰を集めていた。
 池袋駅はJR山手線と埼京線が通り、また東武鉄道東上線、西武鉄道池袋線、東京メトロ丸ノ内線の起点でもあり、東京メトロ有楽町(ゆうらくちょう)線・副都心線も通じている。池袋駅は第二次世界大戦後の急激な都市化によって交通量が増加、新宿駅に次ぐ全国第2位の乗降客の多い駅となっている。それ以前は都電の通る大塚駅前のほうがにぎやかであったが、現在は池袋駅付近が副都心として発展し、駅を中心に西武・東武などの百貨店のほか、飲食店、専門店が集中し、東京芸術劇場もある。1921年(大正10)に建設された西池袋の自由学園明日館(みょうにちかん)は建築家F・L・ライト設計の木造建築で、国の重要文化財(1997年指定)である。旧東京拘置所(巣鴨プリズン)跡はサンシャインシティとして再開発され、1978年(昭和53)には地上60階建て超高層ビルのサンシャイン60が開業、同年、水族館、プラネタリウムなどをもつ地上10階のワールドインポートマート、古代オリエント博物館、劇場をもつ地上12階の文化会館も開業した。
 東の巣鴨には都営地下鉄三田(みた)線、駒込(こまごめ)には東京メトロ南北線が通る。道路では首都高速道路5号池袋線・中央環状線が通じ、国道17号のほかに254号が池袋の北部を横切る。なお、都内に唯一残る路面電車の都電荒川線が大塚でJR山手線と交差する。池袋を中心に卸し、小売りの商業が盛んであるが、出版・印刷およびその関連産業も多い。
 かつての郊外の地は、染井霊園・雑司ヶ谷霊園のほか、学習院・大正・立教などの各大学用地にも利用されている。なお、山手線の大塚・巣鴨・駒込・目白などの駅前は近隣の商店街を形成している。住宅地区が広がるが、1965年に37万3126だった人口は、1995年(平成7)までに24万6252に減少したが(各年国勢調査)、その後は増加傾向にある。面積13.01平方キロメートル、人口28万4678(2010)。[沢田 清]
『『豊島区史』(1951・豊島区) ▽『豊島区史/資料編』全6巻(1975~1990・豊島区) ▽『豊島区史/通史編』全4巻(1981~1992・豊島区) ▽『豊島区史年表』(1992・豊島区)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊島(区)の関連情報