コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊川[市] とよかわ

百科事典マイペディアの解説

豊川[市]【とよかわ】

愛知県南東部,豊橋平野北部を占める市。1943年市制。中心市街は古くから豊川稲荷妙厳寺(みょうごんじ))の鳥居前町として発達。1939年海軍工廠が設けられ,軍需工業都市として発展,第2次大戦後は鉄道車両,自動車,農業機械,光学器械などの工業が盛んとなり,1969年東名高速道路豊川インターチェンジが開設されて大きく発展した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とよかわ【豊川[市]】

愛知県南東部の市。1943年市制。人口11万4380(1995)。古代,東三河の中心地であり,三河国の国衙が市内の国府付近に,国分寺国分尼寺(跡はともに史跡)が八幡に置かれた。近世には,東海道と姫街道(本坂通り)の分岐点宿駅として御油(ごゆ)が栄え,豊川は妙厳(みようごん)寺,すなわち豊川稲荷門前町として発展した。1939年に海軍工廠が設置されたのを契機に軍需工業都市として活況をみせたが,第2次大戦後工廠が閉鎖され市勢も衰えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android