コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里山(さとやま) さとやま

1件 の用語解説(里山(さとやま)の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

里山(さとやま)

人里の近くに位置し、主にクヌギ、ナラ、アカマツなどの広葉樹からなる森林。1950年代〜60年代くらいまで肥料や家畜の飼料、あるいは薪炭を得るための林として利用されてきた。里山の生態系は人間の手が加わった半自然の2次林で、いくつかの絶滅危惧(きぐ)種や希少種を始め、多くの動植物がこうした生態系に適合するライフサイクルを作り上げている。里山は、その経済的価値の低下に伴い、荒廃したり宅地などへ転用されたりしている。そこで様々なタイプの里山保全運動が各地で始まっている。炭焼き体験や自然体験など、環境教育に関連するものが多い。

(池上甲一 近畿大学農学部教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone