コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里山(さとやま) さとやま

知恵蔵の解説

里山(さとやま)

人里の近くに位置し、主にクヌギ、ナラ、アカマツなどの広葉樹からなる森林。1950年代〜60年代くらいまで肥料や家畜の飼料、あるいは薪炭を得るための林として利用されてきた。里山の生態系は人間の手が加わった半自然の2次林で、いくつかの絶滅危惧(きぐ)種や希少種を始め、多くの動植物がこうした生態系に適合するライフサイクルを作り上げている。里山は、その経済的価値の低下に伴い、荒廃したり宅地などへ転用されたりしている。そこで様々なタイプの里山保全運動が各地で始まっている。炭焼き体験や自然体験など、環境教育に関連するものが多い。

(池上甲一 近畿大学農学部教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

里山(さとやま)の関連キーワード森の自然体験ミュージアム「ハローウッズ」森林総合研究所関西支所 森の展示館道の駅うつのみや ろまんちっく村新潟県十日町市松之山松口中央分ぶん水すい嶺れい玉川(埼玉県の旧町名)角川里の自然環境学校緑と水の連絡会議北摂府立自然公園いわむら かずお里山イニシアチブアーリーシャン金沢市民芸術村福島市小鳥の森森の力再生事業オオムラサキのと里山海道越後丘陵公園能越自動車道賀茂十一野菜

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android