コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長塚古墳 ながつかこふん

3件 の用語解説(長塚古墳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ながつかこふん【長塚古墳】

岐阜県大垣市矢道町権現前に所在する前方後円墳。近江から関ヶ原を経て濃尾平野が開けるところにあり,相川北岸の扇状地に立地する。西面して築かれ,全長82m,後円部径45m,前方部幅31mを測る。埴輪の樹立をみるという。1929年の土取り工事のさい,後円部から,古墳の主軸に直交する2基の木棺を発見した。このうち,東棺から鏡,玉類,鍬形石(くわがたいし),刀,銅鏃などが,西棺から鏡,玉類,石釧(いしくしろ),石製合子(ごうす),石杵,刀などが出土した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

国指定史跡ガイドの解説

ながつかこふん【長塚古墳】


岐阜県可児(かに)市中恵土にある古墳。木曽川中流域の可児盆地に位置し、墳丘の長さが81mの前方後円墳で、隣接する野中古墳や西寺山古墳とともに前波(まえなみ)の三ツ塚と俗称される。15基からなる前波古墳群のなかでもっとも規模が大きく、2段築成で保存状態は良好である。後円部に粘土槨(ねんどかく)が完全に残っており、前方部には鏡や捩文鏡(ねじもんきょう)、石釧(いしくしろ)などの副葬品があることがわかり、出土した土器から4世紀後半の築造と考えられている。1995年(平成7)~1998年(平成10)の調査では、墳丘周辺に基壇や造り出しは認められず、葺石(ふきいし)や円筒埴輪(はにわ)もないことが確認された。東美濃を代表する古墳で、1956年(昭和31)に国の史跡に指定され、2003年(平成15)には周濠の一部が追加指定されている。出土した遺物は可児郷土歴史館に展示公開されている。JR太多(たいた)線可児駅から徒歩約10分。

ながづかこふん【長塚古墳】


大阪府堺市堺区百舌鳥夕雲(もずせきうん)町にあり、長塚山古墳ともいわれる古墳。大仙陵古墳(仁徳(にんとく)天皇陵)、上石津ミサンザイ古墳(履中(りちゅう)天皇陵)、ならびに土師(はぜ)ニサンザイ古墳(反正(はんぜい)天皇陵)を中心とする百舌鳥古墳群がある丘陵の東側の一端に位置する。仁徳天皇陵の前方部東南角から南へ約150mにある前方後円墳で、全長102m、後円部径57m、高さ8.2m、前方部幅67m、南側くびれ部に造り出しが約10m×20mの規模で残っている。かつては周濠があったが、民家と道路により埋められているため規模は不明で、墳丘だけが残されている。築造は5世紀中ごろの古墳時代中期と考えられている。百舌鳥古墳群のなかでも中型の前方後円墳であり、仁徳天皇陵の陪塚(ばいちょう)としても貴重なことから、1958年(昭和33)に国の史跡に指定された。JR阪和線百舌鳥駅から徒歩すぐ。

出典|講談社
国指定史跡ガイドについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長塚古墳の関連情報