コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関城[町] せきじょう

2件 の用語解説(関城[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

関城[町]【せきじょう】

茨城県西部,真壁郡の旧町。中心の関本は近世,西境を流れる鬼怒(きぬ)川の水運で栄えた。米,ナシ,トマト,ニラなどを産する。特に,ナシは特産物として有名。結城紬(ゆうきつむぎ)も産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せきじょう【関城[町]】

茨城県西部,真壁郡の町。人口1万6424(1995)。東を小貝川,西を鬼怒川が流れ,常陸台地が中央部に広がる。町名は南北朝時代北畠親房が拠った関城にちなむ。幕末に武蔵国(現,神奈川県)川崎から伝えられた梨栽培が発展し,全国的な産地となっている。スイカハクサイなど野菜生産も盛ん。1972年には工業団地がつくられ,電子・精密機械,製薬などの工場が操業している。鬼怒川をはさんで結城市と接する関本地区を中心に,伝統工業として結城紬の生産が続けられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone