コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関城[町] せきじょう

2件 の用語解説(関城[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

関城[町]【せきじょう】

茨城県西部,真壁郡の旧町。中心の関本は近世,西境を流れる鬼怒(きぬ)川の水運で栄えた。米,ナシ,トマト,ニラなどを産する。特に,ナシは特産物として有名。結城紬(ゆうきつむぎ)も産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せきじょう【関城[町]】

茨城県西部,真壁郡の町。人口1万6424(1995)。東を小貝川,西を鬼怒川が流れ,常陸台地が中央部に広がる。町名は南北朝時代北畠親房が拠った関城にちなむ。幕末に武蔵国(現,神奈川県)川崎から伝えられた梨栽培が発展し,全国的な産地となっている。スイカハクサイなど野菜生産も盛ん。1972年には工業団地がつくられ,電子・精密機械,製薬などの工場が操業している。鬼怒川をはさんで結城市と接する関本地区を中心に,伝統工業として結城紬の生産が続けられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

関城[町]の関連キーワード茨城下妻武雄筑西結城尾見浜五郎越惣太郎真壁高幹真壁長幹真壁秀幹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone