コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿直岐 あちき

8件 の用語解説(阿直岐の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿直岐
あちき

古代の帰化人。阿直岐史の祖。百済から学問を伝える。『古事記』には阿知吉師 (あちきし) とある。『日本書紀』には,阿直岐は応神天皇 15年に百済王の使者として来朝,良馬2頭を献上し,みずから大和の軽坂上厩で飼養した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あちき【阿直岐】

4、5世紀ごろの百済(くだら)の王子。応神天皇の代に渡来し、皇子菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)に経典を教えたと伝えられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

阿直岐【あちき】

阿知吉師(あちきし)とも。生没年不詳。古代の百済(くだら)からの渡来人。《古事記》によると,応神天皇のとき,百済王が馬2匹を阿知吉師につけて貢上したとあり,《日本書紀》には,彼が経典をよく読んだので太子菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)が彼に師事したと伝えられる。
→関連項目厩坂

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿直岐 あちき

記・紀にみえる百済(くだら)(朝鮮)の使節。
応神天皇のとき,百済王よりつかわされ馬2頭を献上したという。経典に通じ,皇子の菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)の師となり,王仁(わに)をすぐれた学者として天皇に推挙したとつたえる。阿直氏の祖とされる。「古事記」では阿知吉師(あちきし)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

阿直岐

生年:生没年不詳
5世紀前半ごろの朝鮮からの渡来人の首長。阿知使主(阿知吉師)と同一人か。人名に付く岐,使主,吉師はいずれも首長の称号。阿直氏の祖とされる。『日本書紀』によれば,応神天皇のとき,百済王の使として渡来し,良馬2頭をたてまつって軽(橿原市)の坂上で飼育し,また経書をよく読み,莵道稚郎子の師となった。優れた博士として王仁を天皇に推薦し,かれが百済から招かれることになったという。『古事記』は阿直岐と阿知使主(阿知吉師)を同一人とし,百済の照古(肖古)王が阿知吉師に『論語』,千字文を付けてたてまつったとある。阿直岐と阿知使主の物語はもと同一人のものであったが,それを『日本書紀』あたりが分化させ,別々の伝承としたのであろう。

(鈴木靖民)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あちき【阿直岐】

古代の百済からの帰化人。応神天皇のとき,百済王の使者として,良馬2疋を貢進し,大和の厩坂(うまやさか)で,その飼育をつかさどったという。名を阿知吉師(あちきし)とも記し,阿直岐史あるいは阿直史の祖という。《日本書紀》では,さらに彼みずからよく経典をよみ,太子菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)の師となり,天皇に王仁(わに)を推挙したという。しかし《古事記》では,王仁と関係なく,百済王が和邇吉師(わにきし)を貢進し,《論語》10巻,《千字文》1巻を伝えたとする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あちき【阿直岐】

百済くだらからの渡来人。応神天皇の時に、百済王の使者として来日。経典に通じ、太子菟道稚郎子うじのわきいらつこの師となり、また、百済から博士王仁わにを招いたという。阿直岐史あちきのふひとの祖。阿直吉師。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿直岐
あちき

生没年不詳。古代の渡来人。阿知吉師(あちきし)ともいわれる。応神(おうじん)天皇の世に、百済(くだら)王が阿直岐を遣わして良馬2匹を献じたので、大和(やまと)の厩坂(うまやさか)(橿原(かしはら)市大軽(おおがる)町付近)で飼わせた。阿直岐は経典をよく読んだので、太子莵道稚郎子(うじのわきいらつこ)の師となった。のちに阿直岐の推挙によって博士(はかせ)の王仁(わに)が招かれ、百済から渡来したといわれる。また後世に阿直史(あちきのふひと)という帰化人の氏族が存在したが、阿直岐はその始祖と伝えられている。阿直史は683年(天武天皇12)10月、連(むらじ)に改姓。834年(承和1)9月に阿直史福吉(ふくよし)ら3人が清根宿禰(きよねのすくね)と改氏姓している。なお、『新撰姓氏録(しんせんしょうじろく)』右京諸蕃(うきょうしょばん)に百済国の魯(ろ)王より出たと記す安勅(あちき)連は、阿直史と関係があろう。[志田諄一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿直岐の関連キーワード王仁古薩摩渡来人漢女粉青沙器大阪府藤井寺市沢田高原五郎七味沙妙光金大問

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone