鼻が高い(読み)ハナガタカイ

デジタル大辞泉 「鼻が高い」の意味・読み・例文・類語

はなたか・い

誇らしい気持ちである。得意である。「りっぱな息子を持って私も―・い」
[類語]鼻高高誇らか誇らしい肩身が広い得得とくとく揚揚時を得顔したり顔自慢顔・自慢げ・自慢たらしい会心誇る自慢うぬぼれるおのぼれる思い上がる胸を張る勝ち誇る驕る威張る威張り散らす付け上がる高ぶる反り返る振り回す鼻にかける増長慢心自画自賛誇示おご誇り驕傲きょうごう矜持倨傲きょごう自負自負心自賛自嘆自任自得天狗うぬぼれプライド高慢自尊自尊心気位きぐらい得意思い上がり唯我独尊手前味噌我褒め身褒めのぼせるのぼせ上がる背負しょ昂然こうぜん得意満面得意顔肩を張る肩で風を切るこれ見よがし有頂天優越感意気揚揚鬼の首を取ったよう欣喜雀躍きんきじゃくやく意気が揚がるひけらかすあごをなでるどや顔所得ところえ手柄顔肩肘かたひじ張る天狗になる見得を切る大見得を切るいい気見せつける

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「鼻が高い」の意味・読み・例文・類語

はな【鼻】 が 高(たか)

① 得意なさまである。誇らしい。自慢らしい。
評判記色道大鏡(1678)一五「とり付もてはやす故に、此客鼻たかくなりて」
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「多少有名になったので猫ながら一寸と鼻が高く感ぜらるるのは」
鼻梁が高い。男性では、男根が大きく精力が旺盛であるという俗説がある。
※浄瑠璃・根元曾我(1698頃)男揃へ「柄の小さき癖としてはながたかうて憎てらし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

焦土作戦

敵対的買収に対する防衛策のひとつ。買収対象となった企業が、重要な資産や事業部門を手放し、買収者にとっての成果を事前に減じ、魅力を失わせる方法である。侵入してきた外敵に武器や食料を与えないように、事前に...

焦土作戦の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android