高砂(市)(読み)たかさご

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高砂(市)
たかさご

兵庫県南部、播磨灘(はりまなだ)に面する市。1954年(昭和29)加古(かこ)郡高砂町と荒井村、印南(いんなみ)郡曽根(そね)町と伊保(いぼ)村が合併して市制施行。1956年印南郡阿弥陀(あみだ)村、1957年同郡北浜村を編入。市域の大部分は東を限る加古川の三角州からなる平坦(へいたん)地で、北西部に石英粗面岩の丘陵がある。北からJR山陽本線、国道2号とバイパス、250号、山陽電鉄などがほぼ東西に走るが、南北方向からの道路が少なく、朝夕の交通が渋滞する。海上輸送は貨物が中心で、東播磨港の高砂、伊保、曽根の3港区がある。開発は早く、丘陵地を中心に無土器時代からの遺跡がある。南部の臨海部を占める中心地区の高砂は、『万葉集』などに南毘都(なびつ)島とある所で、のちに陸続きとなった。曽根の松、高砂の松、尾上(おのえ)の松で知られた砂丘も平安時代には陸地ではなかったと思われる。中世になって皇室領の高砂御厨(みくりや)、摂関家領の伊保荘(しょう)などが成立する。高砂の港町としての発展は、加古川の流路変更で対岸の尾上(加古川市)あたりが港の機能を失ってからで、姫路藩主池田輝政(てるまさ)はこれにかわる港として、堀川を開削して加古川の水を導き新港を築いた。その後、加古川流域の年貢米の集散地となり、また瀬戸内海航路の寄港地として繁栄した。明治以後は三菱(みつびし)製紙、鐘淵(かねがふち)紡績(のちカネボウ)の進出に始まり、第二次世界大戦後は電力、鉄鋼、化学、食品などの工場が集中し、高砂工業公園が建設されるなど、かつての白砂青松の地も屈指の重化学工業地域となり、播磨工業地域の中核を形成、人口も急増した。地場産業の石材産出は盛んであるが、農業、水産業は年々減少している。
 謡曲『高砂』で知られる高砂神社境内の「相生の松(あいおいのまつ)」は現在5代目である。浄土宗十輪寺には絹本著色五仏尊像(国の重要文化財)があり、境内には豊臣(とよとみ)秀吉の朝鮮出兵に徴発された水夫(かこ)の供養塔がある。生石(おうしこ)神社の御神体である巨大な切石(きりいし)「石の宝殿」は謎(なぞ)の石造工作物として知られる。県立高砂海浜公園は失われた海浜を人工的に復原したものである。市の北部には鹿島・扇平自然公園がある。面積34.38平方キロメートル、人口9万1030(2015)。[大槻 守]
『山本徹也著『近世の高砂』(1951・高砂市) ▽『高砂市史――曽根編』(1964・高砂市) ▽『高砂市史――伊保編』(1969・高砂市) ▽『高砂町史誌』(1980・高砂市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高砂(市)の関連情報