コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魏晋南北朝美術 ぎしんなんぼくちょうびじゅつWèi Jìn nán běi cháo měi shù

世界大百科事典 第2版の解説

ぎしんなんぼくちょうびじゅつ【魏晋南北朝美術 Wèi Jìn nán běi cháo měi shù】

大帝国を築いた秦・漢と隋・唐の間にはさまれた魏晋南北朝は,天下を再統一した西晋のごくわずかの期間を除けば,分裂の時代であり,とくに晋が南遷して建康(南京)に東晋を建ててからは,胡族の北朝と漢族南朝に分かれ相対立した。したがってこの時代の美術は,統治者である胡・漢両民族の性格の違いや,南北の気候風土の差を反映して,はっきりと北朝美術と南朝美術に二分される一方,文化のにない手として貴族階級が台頭したこと,また新たに西方から仏教文化が流入したことによって,前代の漢と異なる独自の様相を呈した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android