コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かんきつ類(柑橘類) かんきつるい citrus fruit

1件 の用語解説(かんきつ類(柑橘類)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんきつるい【かんきつ類(柑橘類) citrus fruit】

ミカン科Rutaceaeの果樹。温帯域のリンゴブドウ,熱帯域のバナナとともに熱帯から暖温帯にかけて栽培され,生産量も多い主要な果樹。日本ではウンシュウ(温州)ミカンが代表的。古くは橘,柑,柚,橙,枳などの字がそれぞれにあてられていたが,これらを柑橘と総称するようになったのは江戸中期以降といわれる。
[分類]
 かんきつ類とされるものは,ミカン科ミカン亜科に所属する多数の種で,スウィングルW.T.Swingleの分類による〈真正カンキツ類〉の6属または田中長三郎の分類による〈カンキツ連〉の4属に所属するものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

かんきつ類(柑橘類)の関連キーワード果樹蜜柑蜜柑酒イヨカンウンシュウミカンキシュウミカンクネンボサンボウカンナツダイダイライム油

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone