むっつり(読み)ムッツリ

デジタル大辞泉の解説

むっつり

[副](スル)口数が少なく、愛想のないさま。「始終むっつり(と)している」
[名]口数が少なく、愛想のないこと。また、その人。「あんなむっつりは見たことがない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むっつり

( 副 ) スル
愛想もなく黙っているさま。 「 -(と)一日でも座っている」 「 -(と)した男」 「 -顔」 → しんねりむっつり
( 名 )
口数が少なく愛想のない人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

むっつり

[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① おし黙って、愛想のないさまを表わす語。むっちり。むつっと。むつむつむつり
※くれの廿八日(1898)〈内田魯庵〉一「顔を見合はしても緘黙(ムッツリ)と口を交(き)かずにゐた」
② =むっちり(一)①
※解剖室(1907)〈三島霜川〉「ふっくりとした乳、むっつりした肩や股、其は奈何に美しい肉付であったらう」
[2] 〘名〙 口数が少なく愛想のない人。むっちり。
油地獄(1891)〈斎藤緑雨〉一「もともと口数の寡い、俗に謂ふ沈黙(ムッツリ)の方で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

むっつりの関連情報