むんむん

精選版 日本国語大辞典「むんむん」の解説

むん‐むん

〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 不快感で吐き気を催すさまを表わす語。〔書言字考節用集(1717)〕
熱気や人いきれなどが強く立ちこめるさまを表わす語。むんむ
※哀しき父(1912)〈葛西善蔵〉六「日が、燻(くす)べられたやうな色の雨戸の隙間から流れ入って、室の中はむんむんしてゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「むんむん」の解説

むん‐むん

[副](スル)においや熱気などが息苦しいまでに強くたちこめているさま。むっと。「場内は若者の熱気でむんむん(と)している」「むんむん(と)した色気」
[類語]むしむし暑い蒸し暑い暑苦しい暑さ焼け付く蒸すいきれ人いきれ草いきれ猛暑暑気酷暑極暑激暑厳暑炎暑大暑暑熱炎熱酷熱熱波温気向暑残暑焦熱極熱灼熱

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android