コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極熱 ゴクネチ

デジタル大辞泉の解説

ごく‐ねち【極熱】

ごくねつ(極熱)」に同じ。
「―の頃は、誰も誰もをさをさ内へも参り給はず」〈宇津保・沖つ白浪〉

ごく‐ねつ【極熱】

きわめてあついこと。また、はなはだしい暑さ。「極熱の太陽」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごくあつ【極熱】

非常に熱いこと。 「お酒はいいのを二つ-だよ/安愚楽鍋 魯文

ごくねち【極熱】

ごくねつ(極熱)」に同じ。 「 -の頃に侍れば苦しうて内裏へも参り侍らず/宇津保 国譲中

ごくねつ【極熱】

この上なくあついこと。酷熱。 「 -の太陽/高野聖 鏡花
「極熱地獄」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

極熱の関連キーワード局・旭・曲・棘・極大焦熱地獄極熱地獄高野聖鏡花服す酷熱魯文

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android