極熱(読み)ゴクネチ

デジタル大辞泉の解説

ごく‐ねち【極熱】

ごくねつ(極熱)」に同じ。
「―の頃は、誰も誰もをさをさ内へも参り給はず」〈宇津保・沖つ白浪〉

ごく‐ねつ【極熱】

きわめてあついこと。また、はなはだしい暑さ。「極熱の太陽」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごくあつ【極熱】

非常に熱いこと。 「お酒はいいのを二つ-だよ/安愚楽鍋 魯文

ごくねち【極熱】

ごくねつ(極熱)」に同じ。 「 -の頃に侍れば苦しうて内裏へも参り侍らず/宇津保 国譲中

ごくねつ【極熱】

この上なくあついこと。酷熱。 「 -の太陽/高野聖 鏡花
「極熱地獄」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android