コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極熱 ゴクネチ

5件 の用語解説(極熱の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごく‐ねち【極熱】

ごくねつ(極熱)」に同じ。
「―の頃は、誰も誰もをさをさ内へも参り給はず」〈宇津保・沖つ白浪〉

ごく‐ねつ【極熱】

きわめてあついこと。また、はなはだしい暑さ。「極熱の太陽」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごくあつ【極熱】

非常に熱いこと。 「お酒はいいのを二つ-だよ/安愚楽鍋 魯文

ごくねち【極熱】

ごくねつ(極熱) 」に同じ。 「 -の頃に侍れば苦しうて内裏へも参り侍らず/宇津保 国譲中

ごくねつ【極熱】

この上なくあついこと。酷熱。 「 -の太陽/高野聖 鏡花
「極熱地獄」の略。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

極熱の関連キーワードうねくね苦熱酷熱極熱地獄堕地獄手捏ね世盛り溽熱ねつこ・い白熱雪崩

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone