コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒸す ムス

デジタル大辞泉の解説

む・す【蒸す】

[動サ五(四)]
むし暑く感じられる。むしむしする。「密閉されて部屋の中が―・す」
湯気を当てて熱を通す。ふかす。「芋を―・す」「冷めた御飯を―・す」
賭博(とばく)で、倍にする。
「勝てば―・して十六貫」〈浄・丹波与作
[可能]むせる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むす【蒸す】

( 動五[四] )
蒸気で物を熱する。ふかす。 「芋を-・す」
温度・湿度が高く、風がなくて暑さがこもる。蒸し暑く感じる。 「今日は-・すね」 「菜の花の-・すやうな中に/斑鳩物語 虚子
戦陣で、かがり火を焚いて攻撃の気勢を敵に示す。 「方々の峰に篝火を焼て、一蒸-・す程ならば/太平記 6」 → ふかす(補説欄)
[可能] むせる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

蒸すの関連キーワードカスタードプディングシリコンスチーマーライスプディングソーラークッカー蒸し調理の歴史しんちょうき餅塩蒸し・塩蒸ブランチング酒蒸し・酒蒸蒸し薬・蒸薬蒸し鍋・蒸鍋諫鼓・諌鼓プディング蒸籠・蒸篭板付き蒲鉾温サラダせいろう炊き御強徳利蒸し蒸し・蒸

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蒸すの関連情報