極暑(読み)ごくしょ

精選版 日本国語大辞典 「極暑」の意味・読み・例文・類語

ごく‐しょ【極暑】

〘名〙 きわめて暑いこと。また、一年中でもっとも暑いとき。酷暑。《季・夏》
※師郷記‐永享六年(1434)七月・八月紙背(堯賢書状)「極暑之時分、御清書返々無心之至候」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「極暑」の意味・読み・例文・類語

ごく‐しょ【極暑】

きわめて暑いこと。夏の暑さの盛り。 夏》「蓋あけし如く―の来りけり/立子」⇔極寒ごっかん
[類語]猛暑暑気酷暑暑さ激暑厳暑炎暑大暑暑熱炎熱酷熱温気向暑残暑焦熱極熱灼熱暑い蒸し暑い暑苦しい焼け付く蒸すいきれ人いきれ草いきれむんむんむしむしする

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「極暑」の読み・字形・画数・意味

【極暑】ごくしよ

酷暑。

字通「極」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

サルノコシカケ

サルノコシカケ科やその近縁のキノコの総称。日本では4科約40属300種が知られ,ブナ林に日本特産種が多い。樹木の幹につき,半円形,木質で厚く堅く,上面には同心円紋があるものが多い。下面には無数の穴があ...

サルノコシカケの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android