アルベド(英語表記)albedo

翻訳|albedo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルベド
albedo

物体表面で反射される割合天文学において,惑星準惑星衛星小惑星の反射の特性を表現するのに用いられる。アルベドは,通常アルベドとボンドアルベドの2種類に分けられる。通常アルベドは,通常反射率とも呼ばれ,ある表面に垂直方向から照射され測定された際の輝度の相対的な値をいう。たとえば,雪の通常アルベドはほぼ 1.0であるが,木炭は 0.04である。衛星や小惑星の表面組成を決める際には通常アルベドの観測を用い,アルベド,直径,天体までの距離を総合して天体の輝度が決められる。かりに,準惑星のケレスや小惑星のベスタが等距離にあるとすると,ベスタが約 10%だけ明るくなる。ベスタの直径はケレスの半分以下であるが,ベスタはアルベドが 0.35であり,ケレスのアルベドは 0.09なので,ベスタが明るく見える。入射する太陽光に対して惑星が反射する割合として定義されるのがボンドアルベドであり,惑星のエネルギー収支で決まる。ボンドアルベドの名称は,アメリカ人天文学者ジョージ・P.ボンドが,1861年に太陽木星の明るさの比較を行なったことにちなんでつけられた。ボンドアルベドの値は,全波長領域で定義されるため,入射する放射スペクトルに依存する。地球のボンドアルベドを決めるのには地球を回る人工衛星が使われ,最新の値は 0.33である。ほとんど大気をもたず雲もない月のボンドアルベドは 0.12,濃い雲に覆われている金星は 0.76である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アルベド

入射光と反射光のエネルギーの比,反射率のこと。反射能とも。天文・気象では惑星表面での太陽光の入射に対する反射光の強さの比をいう。平面反射のほか大気,雲などによる散乱分も含み,惑星の大気が多いほど大きい値になる。月0.07,火星0.16,木星0.73,土星0.77,金星0.78。地球では,大気のアルベドが8〜14%,地表面のうち新雪面90%,地面7〜20%,海面は10%以下,雲は推定平均50〜55%。地球全体としてのアルベドは30%程度であるが,雲の多少や地表面の状態により太陽定数以上に変動し,気象に対する影響が大きいため正確な値を知ることが大切であり,気象衛星によって観測される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルベド【albedo】

物体の表面に入射した光は,一部は物体に吸収され,残りはいろいろな方向に反射される。この場合の入射光と反射光のエネルギーの比をアルベドまたは反射能という。理想的な鏡面は入射光を完全に反射するのでアルベドは1,黒体は完全に吸収してしまうのでアルベドは0である。(1)天文学では,惑星などの表面が太陽光を反射する度合を表すのに用いる。細かくみれば,同一惑星でも表面の場所によってアルベドが異なり,地球では森林は0.05,砂漠は0.25,海は0.03~0.1,新雪におおわれた地域は0.8であるが,通常は大気を含めた表面全体から外へ出ていく光の総量を反射光として計算する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アルベド【albedo】

任意の面に入射した太陽エネルギー(日射量)に対する、その面が反射した太陽エネルギー(反射日射量)の割合。惑星の面のように各部で異なる場合は平均値で示す。例えば、地球全体のアルベドは30パーセント。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

アルベド

〘名〙 (albedo) 入射してくる放射のうち、どれだけが反射されるかを百分率をもって示したもの。可視光線に対し、緑の森林のアルベドは三~一〇パーセント、新雪は八〇~八五パーセントである。反射率ともいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android