コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラー=フィールド・ペインティング colour-field painting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラー=フィールド・ペインティング
colour-field painting

アクション・ペインティングとならぶ,抽象表現主義またはニューヨーク派として知られる 20世紀の二大美術運動の一つ。一般には,ディテールを最小限に抑え,平面的な色の広がりを巨大なキャンバスに描いた作品を指す。単一のイメージの場を生み出すもので,ジャクソン・ポロックやウィレム・デ・クーニングなどの,大きな表現によって描き出される表出的な抽象絵画(→抽象美術)とは質的に異なる。1950年代半ばにアメリカ合衆国の美術評論家クレメント・グリーンバーグが用いたことばで,のちにグリーンバーグは,モーリス・ルイス,ヘレン・フランケンサーラー,ケネス・ノーランドなどによる新世代の作品を,ポスト・ペインタリー・アブストラクションと評した。グリーンバーグは,大きな影響力を与えた論文『モダニズムの絵画』Modernist Painting(1961)の中で,絵画は自己批評的であるべきで,絵画固有の要素である平面性と色彩のみに関心を払えばよいという考えを明らかにした。また,この時期の著作において 19世紀フランスの画家エドゥアール・マネの平坦な色使いの人物描写から,マーク・ロスコやバーネット・ニューマンの巨大な抽象画にいたるカラー=フィールド・ペインティングの系譜をたどった。カラー=フィールド・ペインティングという概念では,視覚的な反応のみが重要だとされる。絵画に主題を設けてはならず,錯視的表現も使ってはならない。ステイン技法を使ったフランケンサーラーの作品は,色と表面が区別できないという意味でグリーンバーグが提唱したフォーマリズムを完全に体現した。フランケンサーラーは,未処理のキャンバスに絵の具をしみこませ,形をもたない色彩の場をつくりだした。これに触発され,モーリス・ルイスも 1950年代後半にキャンバスに色を染み込ませる技法を使い始めた。ルイスは絵筆も使わず,さまざまな色の絵具をキャンバスにたれ流して鮮やかな色の帯をつくりだした。ノーランドは,先駆者ジャスパー・ジョーンズと同様,ありふれた同心円の図形をデザインして異なる色相・色値の対比を表現した。(→アメリカ美術現代美術

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カラー=フィールド・ペインティングの関連キーワードシステミック・ペインティング

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android