グリーン・タフ(英語表記)green tuff

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北海道西部から本州日本海側とフォッサ・マグナ地域の新第三系中新統を中心とする地層に特徴的に分布する緑色の岩石名。日本の石油はおもにこの時代の地層に生成された。火山活動(火山作用)に始まる地向斜性堆積物で,地層に褶曲がみられる。これらの特徴からグリーン・タフが形成された地質学的性質を重視して,その分布地域をグリーン・タフ地域,グリーン・タフ地域の地殻変動をグリーン・タフ変動と呼ぶことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android