コピー

精選版 日本国語大辞典「コピー」の解説

コピー

〘名〙 (copy)
① 美術品などの複製。また、複製すること。比喩的にも用いる。
※外山正一氏の画論を駁す(1890)〈森鴎外〉一一「複製の画はこれを摹写(コピイ)画といふなり」
② 文書の複写。また、複写すること。現在では特に複写機による複写をいうことが多い。写し
※風俗画報‐一九号(1890)器財門「猶且圧写用紙(コッピー)の精好比類なきは、褒文已に詳悉せり」
③ 録音テープやコンピュータなどで、テープやディスクに記録された情報を別のテープやディスクに移すこと。
④ 広告のキャッチフレーズ、見出し、本文などの総称。広告の文章
※マイクのたわごと(1955)〈平井常次郎〉旅行手帳の落穂ひろい「コッピー部 Copy Department 部員二〇名で、CMの文句を考案、改正、決定する」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「コピー」の解説

コピー
こぴー
copy

一般には模写、複製物、印刷に付すべき原稿、素材などをいうが、広告用語では広告の文章をさす。従来これを「広告文案」といったが、これは「広告図案」に対置した呼称である。広告のコピーには、(1)広告の本文だけ、(2)本文のほかにキャッチ・フレーズやリードを含めた文字の部分全体、(3)イラストや空白部分も含めた広告物の総体、の三つの意味がある。(3)の場合は、たとえばコピー・テスト(広告表現の効果調査)というように特殊な用例に限られる。通常は(2)の意味で、アートもしくはイラストに対応した形で使われている。また、広告本文をボディ・コピー、見出しやリード部分をヘッド・コピーともいう。

豊田 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「コピー」の解説

コピー(copy)

[名](スル)
写し取ること。複写。模写。また、そのもの。「コピーを取る」「資料をコピーする」
コンピューターで、データを複製すること。
ペースト目的として、文章・図形などのデータを一時的にメモリー上に複製すること。「コピーアンドペースト
ハードディスク光ディスクメモリーカードなど記憶媒体にあるデータを、別の記憶媒体に複製すること。→ムーブ2コピーワンスダビング10テン
物まね。模倣。「ブランド品のコピー」「コピーバンド
広告の文章。広告の文案。「キャッチコピー」「コピーライター
[類語](1複写模写複製写し模造リプリント副本偽造偽作贋作贋造代作変造作り物偽物紛い物食わせ物如何様いかさま擬古控え手控えイミテーションレプリカフェイク/(4広告宣伝PRピーアールアドバタイジングコマーシャルCMシーエムプロパガンダ触れ込みアナウンス周知

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典「コピー」の解説

コピー

ファイルやデータを、他の場所に複製すること。ファイルのコピーの場合、あるフォルダにあるファイルを別のフォルダに複写することや、別のディスク上にあるデータを、利用したいディスク上に複写することなどを指す。データのコピーの場合、文字列や画像などのデータを、一時的にメモリーに保管することを指す。コピーしたデータを利用する場合は、ペースト(貼り付け)を行う。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典「コピー」の解説

コピー【copy】

➀コンピューターの操作画面において、指定した文字列や画像などを複写すること。複写したデータは一時的にクリップボードに保存され、このデータを他の位置転写ペースト)できる。◇複写から転写までの操作を「コピーアンドペースト」という。⇒コピーアンドペースト
➁あるファイルやデータの複製を作ること。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

カメラマン写真用語辞典「コピー」の解説

コピー

 画像やテキスト(文章)といったデータ、あるいはデータの一部を複写する機能。コピーしたデータは任意の場所へペースト(貼り付け)できる。ファイルそのものの複製も可能。目的のファイルを異なるドライブへドラッグ&ドロップした場合は自動的に複製する。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android