コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サメ(鮫) サメ

百科事典マイペディアの解説

サメ(鮫)【サメ】

関西以西ではフカ,山陰ではワニとも。板鰓(ばんさい)亜綱のうちサメ目に属する軟骨魚類をいう。5〜7対の鰓孔のうち少なくとも一部は体の側方にあること,胸鰭が変形せず体側との間に明瞭な境界があること,よく発達した背鰭をもつことなどでエイ類と区別される。
→関連項目ギンザメ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サメ【サメ(鮫) shark】

軟骨魚綱板鰓(ばんさい)亜綱Elasmobranchiiのうちエイ目を除く魚類の総称。関西以西ではフカ,山陰ではワニと呼ぶことがある。眼が細いから狭目(さめ)と呼ばれるようになったという。全世界の熱帯から寒帯までの海洋に広く分布するが,大半は熱帯から温帯にかけての暖海域に生息する。外洋から沿岸域浅海から深海までのさまざまな場所で生活するばかりでなく,ニカラグア湖アマゾン川ザンベジ川などの淡水域にも侵入することがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android