コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シルル紀 シルルきSilurian Period

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シルル紀
シルルき
Silurian Period

地質時代の年代区分の一つで,古生代で 3番目に古いシルリア紀ともいう。約 4億4340万年前から約 4億1920万年前までの期間にあたる。1835年ロデリック・I.マーチソンとアダム・セジウィックがイギリスのウェールズ地方に発達する地層に対し命名し,のちにその下半部はオルドビス紀として独立した。この時代は海生無脊椎動物の発展が著しく,サンゴ類,層孔虫類頭足類腕足類ウミユリ類三葉虫類筆石類などが繁栄した。原始的な魚類や陸上植物もこの時代に出現した。この時代の地層は上,中,下に大きく三分されるが,筆石類を産出する地域では化石帯によってさらに詳細に細分されている。日本列島最古の化石もこの紀のもので,北上高地などからクサリサンゴその他が産出する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

シルル‐き【シルル紀】

Silurian period》地質時代の区分の一。古生代を6分した場合の第3番目の時代で、オルドビス紀に続く時代。4億4600万年前から4億1600万年前まで。海中では筆石(ふでいし)・珊瑚(さんご)・三葉虫が栄え、陸上では下等なシダ類が出現した。ゴトランド紀。シルリア紀。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

シルル紀【シルルき】

シルリア紀とも。古生代の3番目の地質時代名。4億3900万年前から4億900万年前まで。オルドビス紀の後,デボン紀の前。この時期の地層の発達する英国南部ウェールズ地方の古代民族の名に由来。
→関連項目オルドビス紀甲冑魚古生代筆石ヤモイティウスライニア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シルルき【シルル紀 Silurian period】

古生代第3番目の紀で,約4億3800万年前から4億0800万年前までのおよそ3000万年間をいう。シルル紀の名はイギリスの古い民族名シルリアSiluresからとられたものだが,最初の命名はのちのカンブリア紀の地層の一部とオルドビス,シルル両紀のものを併せた長い地質累層の時間に対してなされたものであった。その後その上半部分相当の地層が表す時代に対してゴトランド紀Gotlandian periodという名称が通用するようになり,種々の混乱を避けるために,改めて旧シルル紀の前半をオルドビス紀,後半すなわちゴトランド紀をシルル紀(狭義)と呼ぶように国際的な合意が得られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

シルルき【シルル紀】

古生代のカンブリア紀・オルドビス紀に次ぐ三番目の紀。今から約四億四千六百万年前から四億一千六百万年前までのおよそ三千万年間。シルリア紀。ゴトランド紀。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シルル紀
しるるき
Silurian period

古生代の古いほうから第3番目の地質時代で、オルドビス紀とデボン紀の間の約4億4340万年前から約4億1920万年前までの約2420万年間に相当する。シルル紀に形成された地層をシルル系という。シルル紀の名称の由来は、1835年にイギリスの地質学者マーチソンが、イギリスのウェールズ山地の研究で、旧赤色砂岩層の下位にある海産化石を多産する地層に対して、この地方に住んでいた古代民族シルルの名にちなんで命名したのに始まる。シルル紀は、現在のオルドビス紀を加えた広義に用いられたり、ゴトランド紀の名でよばれたこともあった。古生代型無脊椎(せきつい)動物の全盛期で、とくに、単軸型筆石(ふでいし)類は全盛を極め、多くの種が分化し、ウェールズやボヘミアなどで筆石類を用いて地層の詳しい分帯が行われている。触手動物の腕足類や刺胞動物のサンゴ類も繁栄を極める。サンゴ類では、床板サンゴ類に属するクサリサンゴ科、ハチノスサンゴ科などのものが大きな群体を形成し、層孔虫類などとともに礁(しょう)を形成した。このほか、節足動物の三葉虫類および広翼類(ウミサソリの仲間)、棘皮(きょくひ)動物のウミユリ類・ウミリンゴ類などが豊富に知られている。脊椎動物では原始的な魚類のみが知られ、現生の頭甲類(円口類、ヤツメウナギを含む)に近縁な無顎(むがく)類があげられる。この時代の終わりには、原始的なあごの器官を有する板皮(ばんぴ)類が出現した。植物では、最古の維管束植物とされるマツバラン類が当紀末に知られている。
 この時代の地層は、イギリスをはじめ、北ヨーロッパ、北アメリカ東部などに分布し、日本でも岩手県、岐阜県、高知県、宮崎県などに分布が知られており、クサリサンゴ類や三葉虫類を産する。シルル紀の後期はカレドニア造山運動期にあたり、活発な地殻変動があった。[小澤智生・渡辺耕造]
『リチャード・T・J・ムーディ、アンドレイ・ユウ・ジュラヴリョフ著、小畠郁生監訳『生命と地球の進化アトラス 地球の起源からシルル紀』(2003・朝倉書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシルル紀の言及

【海】より

…海産のおもな動物群は,古生代の初め(カンブリア紀)にそのほとんどが出現しており,魚類は少しおくれて,オルドビス紀に原始的な甲冑魚として出現する。陸の生物が海から移りすむのは,その後のシルル紀である。海の生物の中には,顕花植物のアマモや,哺乳類のクジラ,アザラシ類などのように,陸上で進化したグループが,再び海に生活の場を求めて適応進化したものもいる。…

※「シルル紀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シルル紀の関連キーワードハルダンゲルフィヨルドカレドニア造山運動コットン・ロックテンタキュリテスプシロフィトンルイバチー半島タイヨウサンゴウミリンゴ類ファボシテススピリファー射流キャストペンタメルスハリシテス本州地向斜ウミサソリファコプス旧古生代円口類甲皮類鎖珊瑚

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シルル紀の関連情報