コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイトラー=ロンドンの理論 ハイトラー=ロンドンのりろんHeitler-London's theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイトラー=ロンドンの理論
ハイトラー=ロンドンのりろん
Heitler-London's theory

水素分子の結合エネルギーを説明するために,1927年 W.ハイトラーと F.ロンドンが考案した計算法。水素分子中の2個の電子は,互いにその位置を交換すると考える。このために2つの電子のスピンが逆向きのときは,孤立原子に比べてエネルギーが低くなり,水素分子の結合エネルギーが得られる。すなわち2個の水素原子が原子として存在するよりも化学結合して1個の水素分子として存在するほうが安定な理由は,主として原子核付近の2個の電子が互いに位置を交換することによって生じる安定化エネルギー (交換エネルギー) によるとしている。この理論は水素分子に限らず他の共有結合にも広く適用される。これは化学結合を量子力学的に取扱った最初の理論で,いろいろな分子の結合力に対して分子軌道法とともによく用いられる。磁性体における交換相互作用は,この理論が基礎になっている。 (→原子価結合法 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハイトラーロンドンのりろん【ハイトラー=ロンドンの理論 Heitler‐London’s theory】

水素分子における化学結合の量子力学的な説明として,W.ハイトラーとF.ロンドンが1927年に提出した理論。この理論によって初めて水素分子の化学結合の本質が明らかにされた。これが,多原子分子についての原子価結合法と呼ばれる量子化学的方法の基礎となっている。水素分子の2個の水素原子にa,bと符号をつけ,それぞれの1s軌道をφa,φbと表し,さらに2個の電子に1,2と符号をつけて区別するとき,水素分子の波動関数がφa(1)・φb(2)とφa(2)・φb(1)の二つの波動関数の1次結合 Ψ±N{φa(1)・φb(2)±φa(2)・φb(1)}で表されると考える。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ハイトラー=ロンドンの理論の関連キーワード重なり積分原子価論

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android