コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイトラー=ロンドンの理論 ハイトラー=ロンドンのりろん Heitler-London's theory

2件 の用語解説(ハイトラー=ロンドンの理論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイトラー=ロンドンの理論
ハイトラー=ロンドンのりろん
Heitler-London's theory

水素分子の結合エネルギーを説明するために,1927年 W.ハイトラーと F.ロンドンが考案した計算法。水素分子中の2個の電子は,互いにその位置を交換すると考える。このために2つの電子のスピンが逆向きのときは,孤立原子に比べてエネルギーが低くなり,水素分子の結合エネルギーが得られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ハイトラーロンドンのりろん【ハイトラー=ロンドンの理論 Heitler‐London’s theory】

水素分子における化学結合量子力学的な説明として,W.ハイトラーとF.ロンドンが1927年に提出した理論。この理論によって初めて水素分子の化学結合の本質が明らかにされた。これが,多原子分子についての原子価結合法呼ばれる量子化学的方法の基礎となっている。水素分子の2個の水素原子にa,bと符号をつけ,それぞれの1s軌道をφa,φbと表し,さらに2個の電子に1,2と符号をつけて区別するとき,水素分子の波動関数がφa(1)・φb(2)とφa(2)・φb(1)の二つの波動関数の1次結合 Ψ±N{φa(1)・φb(2)±φa(2)・φb(1)}で表されると考える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハイトラー=ロンドンの理論の関連キーワードポーリング化学物理学量子化学量子論結晶構造化合選択律総和則(量子力学)マスロフの定理並木美喜雄エネルギー代謝結合エネルギー原子エネルギー高エネルギーリン酸結合熱エネルギー高エネルギー燐酸結合二次エネルギー共鳴エネルギージョセフソン結合エネルギー一電子結合

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone