ビート(読み)びーと(英語表記)beat

翻訳|beat

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビート(音響学用語)
びーと
beat

音響学用語としては、わずかに異なる振動数の二音が同時に鳴ったときに聞こえる「うなり」をいう。すなわち、異なる振動波の相互干渉によって生まれる振幅の周期的変化である。ピアノの調律や箏(こと)の調弦のときには、とくにこのビートを除去するように細心の注意を払う。しかし実際の演奏では、ジャズピアノのクラスター奏法や、箏の合せ爪(づめ)(押し手により隣接する二弦を同音にして同時に弾く)でビート効果が聞かれる例もある。三味線、琵琶(びわ)、ビーナのサワリはビートの複合効果とみることができる。また、バリ島のペニョロクという音理念のように、対(つい)になった金属鍵盤(けんばん)楽器を厳密にずらして調律し、ゆらめくような効果を初めから意図する文化もある。
 拍と同義語としてのビートの場合、ジャズのダウンビート、アップビートや2(ツー)ビート(ラテンやディキシー)、4(フォー)ビート(スウィング)、8(エイト)ビート(ロック)、16ビート(新しいポップス)のように次々とつくりだされるリズム枠に対して使われる。[山口 修]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビートの関連情報