コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブック ぶっく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ブック

表計算ソフトのExcelで作成したファイルのこと。複数のワークシートやグラフシートから構成され、関連した情報をまとめて管理できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ブック(book)

本。書籍。
冊子の形に紙片をとじ合わせたもの。帳面・帳簿などの類。「テキストブック」「スクラップブック

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ブック【Niels Ebbesen Mortensen Bukh】

1880‐1950
〈基本体操〉を創案して,国際的に活躍したデンマークの体育指導者。スナイビャウに生まれ,船員や農業経営を経て,国民の大半を占める農民の身体の健康への貢献を願って体育教員を志す。28歳でコペンハーゲンの体育学校に入り,同時にテイルマン研究所の医療体操やマッサージ術を学んだ。1920年にオレロップ体操学校といわれる,デンマーク初の身体文化を専門とするフォルケホイスコーレを設立し,社会に貢献可能な体操指導者の育成を始めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ブック【book】

本。書籍。 「スタイル--」
帳面・帳簿。 「スクラップ--」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブック
Bukh, Niels

[生]1880.6.15. シュナイプエルク
[没]1950.7.7. オレロップ
デンマークの体操家。1912年ストックホルム・オリンピック競技大会デンマーク体操団を指揮し,その後,その体操を「基本体操」として発表。1920年フューネン島スベンドボルグのオレロップに国民体操学校を創設,校長として基本体操の指導普及に努めた。この体操は,デンマークの農村青年の身体の基礎的改善,矯正,発育促進を目標として考案されたものである。主著『基本体操』Grundgymnastik eller primitiv Gymnastik(1924)。(→デンマーク体操

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のブックの言及

【デンマーク体操】より

…デンマークに発展した体操体系を総称してデンマーク体操と呼ぶが,N.ブック考案の〈基本体操〉をデンマーク体操と称する場合もある。デンマークのナクテガル(ナハテガル)Franz Nachtegall(1777‐1847)はドイツの汎愛教育者グーツムーツの著書《青年のための体操》に啓発されて,国民の身体福祉に貢献する体育活動を実践。…

※「ブック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブックの関連キーワード対話機能補間サトヤ・ナデラ表計算ソフト検索/行列関数データベース関数マクロウイルスリスト形式列ラベル梅田剛志

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブックの関連情報