コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プロローグ prologue

翻訳|prologue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プロローグ
prologue

劇の開始に先立ち,作品の内容や作者の意図などについて行う解説,口上,序詞。ギリシア劇のプロロゴスから発生し,中世演劇ルネサンス演劇にも受継がれ,エピローグとともに王政復古期演劇全盛期を迎えた。俳優が登場人物として,あるいは作者の代弁者として観客に語りかけるもので,機知と批判に富んだ D.ガリックのプロローグが有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

プロローグ(prologue)

演劇で、前口上。序幕。⇔エピローグ
詩歌・小説・戯曲などの文学作品で、本筋の展開に先だつ前置きの部分。序章。また、物事の始まり。発端。⇔エピローグ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

プロローグ

序詞,前口上。演劇では劇の初めに述べられる短いせりふや,前提条件を示す場面,序幕。論文などの序文,音楽の序奏的部分にも用いられる。→エピローグ序詞

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プロローグ【prologue】

劇の本体の前に語られる短いせりふ。前口上,序詞。古代ギリシア劇において,コロスの最初の登場に先立つ部分を指したプロロゴスprologosという言葉を語源とする。その後,劇の本体とは切り離されて,劇の内容を予告したり,劇の理解について必要な情報を観客に提供したり,劇のできばえについて弁解したり,作者の主張を代弁したりするせりふをプロローグと呼ぶようになった。イギリスではエリザベス朝以来よく用いられ,とくに王政復古期の劇では,劇の完結後に語られるエピローグと対をなして現れるのが普通であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

プロローグ【prologue】

演劇や音楽などで、その主題や進行を暗示する内容をもった前置きの短い部分。
物事の始まり。発端。
▽↔ エピローグ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

プロローグ
ぷろろーぐ
prologue

「序詞」「序幕」「前口上」などと訳される。劇の開幕に先だって口上役が登場して、当時の政治や社会への批評を絡ませたりしながら劇の大筋を説明する場合と、短い一場面を設けて、これから始まる劇の内容を暗示する場合の二つの形がある。紀元前4世紀のエウリピデスに始まるとされるが、一般化するのはルネサンス期で、エリザベス朝時代はコーラスの名でよばれた。とくに王政復古期から18世紀にかけてヨーロッパ各国の演劇で盛んに用いられた。また、オペラ、バレエ、音楽の独立した序の部分や、詩、小説の冒頭部分をもさし、物事の始まりや発端を示す一般用語としても使用される。エピローグの対(つい)の用語。[高師昭南]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のプロローグの言及

【知識表現】より

…しかし,一般的な論理表現に対しては効率のよいものがない。扱う論理式の範囲をホーンHorn節に限り効率的な処理系を実現したのが,第5世代計算機で注目されたプロローグProlog言語である。人工知能エキスパートシステム【寺野 隆雄】。…

※「プロローグ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プロローグの関連キーワード眠れる森の美女(チャイコフスキーのバレエ曲)道化師(レオンカバッロのオペラ)TRAIN SUITE 四季島ヴィンチェンツォ カルダレリ火刑台上のジャンヌ・ダルクシモン・ボッカネグラピーター・グライムズピーター・グライムズピーターグライムスアイリーン グージボリス・ゴドゥノフメフィストフェレ仮面ライダーシン天孫降臨神話ヘンリー5世カルダレッリホフマン物語カルダレリ三文オペラ愛川ひかり

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

プロローグの関連情報