コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メタボリックシンドローム metabolic syndrome

デジタル大辞泉の解説

メタボリック‐シンドローム(metabolic syndrome)

内臓の周囲に脂肪がたまり、それに加えて高血糖高血圧高脂血・高コレステロールの症状のいくつかを複数併せもつ状態。放置すると、糖尿病動脈硬化心筋梗塞などを起こす。メタボメタボリック症候群内臓脂肪症候群代謝症候群
[補説]腹囲による判断基準もあるが、標準とする数値は世界各地でばらばらで、科学的根拠は薄いともいわれる。→特定健康診査・特定保健指導

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

メタボリックシンドローム

内臓脂肪型肥満の人が、高血圧、高血糖、高脂質のうちいずれか二つ以上を併せもった状態。糖尿病などの生活習慣病にかかりやすくなる。厚生労働省によると、40歳以上の中高年では男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドローム、または予備軍とされている。

(2010-10-10 朝日新聞 朝刊 山口 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

メタボリックシンドローム

内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に加えて,血圧,コレステロール,血糖値のうち2つ以上の数値に異常が見られる状態のこと。メタボリック症候群,内臓脂肪症候群とも呼ばれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

生活習慣病用語辞典の解説

メタボリックシンドローム

2005 年に、今までの「マルチプルリスクファクター症候群」「シンドローム X」「死の四重奏」という言葉で説明されていた概念が統一化された名称のことです。生活習慣病の肥満 (内臓脂肪型肥満) をベースに、高血圧、高脂血症、糖尿病が相互に合併しやすいとする概念で、これらが合併することで動脈硬化がより加速度的に進み、脳卒中や心筋梗塞といった重大な病気へと発展してしまうリスクの高い状態をいいます。

出典 あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)生活習慣病用語辞典について 情報

家庭医学館の解説

めたぼりっくしんどろーむ【メタボリックシンドローム】

 心筋梗塞や脳梗塞のような動脈硬化による病気の危険性が高い状態で、内臓脂肪型肥満、高血糖、高血圧、高脂血症のいずれかを合わせもっています。
 2005年の診断基準によれば、ウエスト径が男性85cm以上・女性90cm以上で、高血糖(空腹時血糖値110mg/dℓ以上)、血圧高値(130/85mmHg以上)、血清脂質異常(トリグリセリド値150mg/dℓ、またはHDLコレステロール値40mg/dℓ未満)の2つ以上をもつ人が診断されます。

出典 小学館家庭医学館について 情報

大辞林 第三版の解説

メタボリックシンドローム【metabolic syndrome】

〔代謝症候群の意〕
肥満・高血糖・高中性脂肪血症・高コレステロール血症・高血圧の危険因子が重なった状態。複合することによって糖尿病・心筋梗塞こうそく・脳卒中などの発症リスクが高まる。高カロリー・高脂肪の食事と運動不足が原因。メタボリック症候群。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メタボリックシンドローム
metabolic syndrome

心臓病(→虚血性心疾患)や糖尿病脳卒中や特定の種類のを引き起こす危険性の増大と関連があるとされる,脂質代謝に異常をきたしている病態。1988年,アメリカ合衆国の内分泌学者で,インスリン抵抗性を冠状動脈性心疾患 CHD(→冠状動脈硬化症)の主要危険因子として特定したジェラルド・リーベンが,こうした状態をシンドロームXと名づけ,当初はそう呼ばれた。メタボリックシンドロームの診断基準値は国ごとに独自に設定される。日本では 2005年以降,腹囲が男性 85cm以上,女性 90cm以上であり,(1) 高トリグリセリド血症 150mg/dl以上かつ,または,低HDL-C(コレステロール)血症 40mg/dl未満,(2) 収縮期(最大)血圧 130mmHg以上かつ,または,拡張期(最小)血圧 85mmHg以上,(3) 空腹時高血糖 110mg/dl以上,のうち 2項目以上に該当する場合,と定められた。日本人の死因の 3分の1を占める心臓病と脳卒中の原因とされる動脈硬化(→動脈硬化症)を進行させる危険因子には高血圧(→高血圧症),喫煙,糖尿病,脂質異常症(→高脂血症),肥満(→肥満症)などがあり,それぞれの程度が低くても,複数が組み合わさることによって心臓病や脳卒中を引き起こす危険が高まる。そのため 2008年から生活習慣病に着目した特定健康診断・特定保健指導(→健康診断)が義務化され,腹囲の測定が検査項目に加わった。日本では約 27%がメタボリックシンドローム該当者および可能性がある者に該当する。メタボリックシンドロームを起こす大きな要因とみられるインスリン抵抗性を発症すると,組織はインスリンに対して無反応になり,結果としてブドウ糖(→グルコース)を蓄えることができず,血糖値は下がらない。インスリン抵抗性を引き起こす原因は,肥満や進行性脂肪栄養障害症(リポジストロフィー),運動不足,遺伝的要素などである。メタボリックシンドロームは,炭水化物や脂肪の過剰摂取など質の悪い食生活によって悪化したり,多嚢胞性卵巣症候群,睡眠時無呼吸症候群脂肪肝とも関連があるとされる。中等症者,重症者は薬物治療が必要になることがある。改善には定期的な運動と減量,また不飽和脂肪酸の多い食物をとることが有効である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メタボリックシンドローム
めたぼりっくしんどろーむ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

メタボリックシンドロームの関連キーワード特定健康診査(特定健診)と国民健康保険(国保)内臓脂肪症候群(内臓脂肪型肥満)特定健康診査特定保健指導アディポサイトカイングルコキナーゼ健康日本21特定健康診査血管内皮細胞隠れメタボ地域保健法新しい健診夜食症候群特定健診中年太り四重奏門脇孝予備群体格

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メタボリックシンドロームの関連情報