コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モルドバ モルドバ Moldova

翻訳|Moldova

9件 の用語解説(モルドバの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モルドバ
モルドバ
Moldova

ルーマニア東部の地方,歴史的名称。モルダビア Moldaviaともいう。カルパート山脈から隣国モルドバとの国境を流れるプルト川にかけて広がる地域をさす。1940年以前はブコビナベッサラビアも含んでいた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

モルドバ
モルドバ
Moldova

正式名称 モルドバ共和国 Republica Moldova。面積 3万3843km2。人口 392万7000(2011推計)。首都 キシニョフヨーロッパ東部の内陸国。西はルーマニアと,他の三方はウクライナと国境を接する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

モルドバ

モルドバはルーマニア系の住民の多い国で、ルチンスキー大統領欧州連合(EU)加盟を戦略目標としていた。2001年4月に独立後初の議会による大統領選挙が行われ、共産党委員長のウラジーミル・ウォロニンを大統領に選出した。そのためモルドバは、一気にロシアに接近するかに見えた。しかし、グルジア政変(バラ革命)に続いて04年末にウクライナで国民の反政府運動が盛り上がり親欧米政権が成立(オレンジ革命)して、ウォロニン大統領は態度を一変させ、サアカシュビリ・グルジア大統領やユーシェンコ・ウクライナ大統領と連携して反ロシア・親欧米の姿勢を明確に打ち出した。親ロ政策を続ければ国民の反政府運動が燃え上がると考えたからである。またウォロニンは「プリドニエストル共和国」からのロシア軍撤退を強く要求している。さらに、05年4月にはGUUAMの首脳会議を積極的に開催し、反ロシアの民主的選択共同体にも加盟した。これに対して06年ロシアはモルドバの主要輸出品であるワインなどの輸入禁止措置で応じ、モルドバは苦しい対応を迫られ、2007年には禁輸解除の交渉が続いた。

(袴田茂樹 青山学院大学教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

モルドバ

旧ソ連から91年に独立を宣言した共和国。国土は九州よりひとまわり小さく、05年の人口は420万人。ソ連崩壊で経済は混乱、国内紛争の影響もあり欧州最貧国と言われることもある。大使館は開設されておらず、日本では在ウクライナ大使館が窓口となっている。

(2007-11-26 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

モルドバ(Moldova)

ヨーロッパ東部の共和国。ウクライナルーマニアと国境を接する。首都キシナウブドウの産出が大。1940年にソ連邦を構成する共和国の一となったが、1991年の解体に伴い独立。住民はラテン系のモルドバ人が多い。旧称モルダビア。人口432万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モルドバ

◎正式名称−モルドバ共和国Republica Moldova/Republic of Moldova。◎面積−3万3848km2。◎人口−408万人(2012)。
→関連項目コサックブカレスト

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

モルドバ【Moldova】

ルーマニア北東部の地方名。ロシア語などではモルダビアMoldaviaと呼ぶ。歴史的モルドバは旧モルドバ公国領の地方を指し,それは時代によって若干変化しているが,一般にルーマニア人シュテファン大公の時代の領土をモルドバとみなしている。それは東カルパチ山脈とドニエストル川にはさまれた地域で,北はブコビナに接し,南は黒海とドナウ川下流までであるが,南西部のワラキアとの境はドナウ川支流のブザウBuzǎu川とさらにその支流のミルコブMilcov川の線とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

モルドバ【Moldova】

東ヨーロッパ、西はルーマニアに、東はウクライナに国境を接する内陸国。共和制。小麦・ブドウなどを産出。ドニエストル川を通じて黒海に出口をもつ。1991年12月ソビエト連邦の解体により独立。住民の多くはラテン系。首都キシニョフ。面積3万4千平方キロメートル。人口420万( 2005)。旧称、モルダビア。正称、モルドバ共和国。

モルドバ【Mordova】

ロシア連邦に属する共和国。ヨーロッパ-ロシアの中央部を占める内陸国。ライ麦・小麦などを産出。首都サランスク。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のモルドバの言及

【ルーマニア】より

…ルーマニアは英語よみで(ただしRumaniaとも綴る),ルーマニア語ではロムニアRomâniaと呼ぶ。東は黒海に面し,北東はモルドバ共和国(旧ソ連),北はウクライナ,北西はハンガリー,南西はセルビア,南はブルガリアに囲まれ,国境の延長は3190km。行政区域は1特別市(首都のブカレスト),40県に分かれる。…

※「モルドバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モルドバの関連キーワードルーマニアルーマニア語モルドバ語モルドビツァ修道院モルドビアクザプルート[川]沿ドニエストルアサキコガルニチャーヌ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モルドバの関連情報