モーメント(物理)(読み)モーメント

百科事典マイペディアの解説

モーメント(物理)【モーメント】

能率とも。(1)任意のベクトルAに,一点OからAの作用線に下した垂線の長さと,Aの大きさとの積。Aが力のとき力のモーメント,運動量のときは運動量のモーメントであるが,これは角運動量と呼ばれる。これに対して,回転運動に対する抵抗の大小を表すのが慣性モーメント。(2)偶力双極子など大きさが等しく方向や符号の反対の量が並んでいるとき,偶力では力の大きさと作用線の距離の積,双極子では電荷(磁荷)の大きさと双極子の間の距離の積。
→関連項目角運動量保存の法則伝動軸トーションバランストルク

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android