コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヤマガラ ヤマガラ Poecile varius; varied tit

3件 の用語解説(ヤマガラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヤマガラ
ヤマガラ
Poecile varius; varied tit

スズメ目シジュウカラ科。全長 12~14cm。中国リヤオニン(遼寧)省の一部から朝鮮半島,日本,タイワン(台湾)にかけて分布する。8亜種に分類されているが,ダイトウヤマガラ P. v. orii は絶滅した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヤマガラ

シジュウカラ科の鳥。翼長7.5cm。腹面褐色で,頭上にクリーム色の縦斑がある。南千島,日本,朝鮮半島,沖縄,台湾に分布。日本ではほとんど全国の低山の森林に留鳥としてすみ,特に暖地の照葉樹林に多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヤマガラ
やまがら / 山雀
varied tit
[学]Parus varius

鳥綱スズメ目シジュウカラ科の鳥。全長14センチメートルの小形種で、背面は青灰色、腹面は赤褐色、頭部は淡い茶色を帯びた白色で、のどは黒い。頭頂から目までと頬(ほお)を取り巻く黒色部がある。千島列島南部から日本を経て台湾までに分布し、日本ではほぼ全土にすみ、小笠原(おがさわら)諸島を除く島々にもみられる留鳥。島によってすこしずつ色に違いがあり、とくに三宅(みやけ)島、御蔵(みくら)島、八丈(はちじょう)島のものは赤みが強く、頭部も赤褐色である。亜高山の針葉樹林を除く低地、低山帯の樹林にすみ、とくに常緑広葉樹のシイやカシの林を好み、西南日本に高密度に分布する。樹木の枝や小枝、葉の間を活発に動き回って餌(えさ)を探す。夏は昆虫も食べるが、秋冬には果実や種子を餌とする。松の球果から種子を抜いては、枝の上で足指で押さえてつつく。とくにどんぐりやハシバミの実を好み、くわえて運んだ堅い枝の上で、キツツキのような大きい打撃音をたててつつき、たたき割って食べる。秋には大量の種子を木の幹や大枝に隠す習性がある。冬は単独、つがい、小群で過ごし、他種との混群に入っていることが多い。繁殖期には強い縄張り性を示し、雄はゆっくりしたテンポでさえずる。樹洞やキツツキの古巣に巣をつくり、巣箱をよく利用する。人間によくなれ、木の実で容易に飼えるので、古来よく飼われる。簡単な芸を仕込むこともでき、神社の前でおみくじを引く芸をみせる鳥は本種である。[中村登流]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤマガラの関連キーワード五十雀四十雀四十雀雁入内雀紅雀すずめやジュウシマツ(十姉妹)ゴジュウカラ(五十雀)シジュウカラ(四十雀)ヒガラ(日雀)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヤマガラの関連情報