コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レンサ球菌 レンサきゅうきんStreptococcus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レンサ球菌
レンサきゅうきん
Streptococcus

ストレプトコッカス科の1属。直径2μm以下の球状または楕円状のグラム陽性球菌で,通性嫌気性であるが,嫌気性の強いものもある。中等大の球菌がじゅず状に長い連鎖を形成するのでこの名がある。 20以上の菌種が知られ,自然界では水や牛乳などに存在し,健常人の口腔,気管,腸管,腟などからも検出される。病原性のあるものもいくつかあって,化膿丹毒扁桃炎猩紅熱気管支肺炎,産褥熱などの原因となる化膿レンサ球菌 Streptococcus pyogenes,大葉性肺炎を起す肺炎球菌 S. pneumoniaeが含まれる。この菌群の分類は血清学的にAからU (IとJを欠く) の 19群に分けられ,このなかで主としてヒトの疾患と関係があるのはA,C,FおよびG群である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

レンサ球菌の関連キーワード劇症型溶血性レンサ球菌感染症劇症型溶血性連鎖球菌感染症歯垢(プラーク)と歯石伝染性膿痂疹(とびひ)溶連菌と溶連菌感染症蜂巣炎(蜂窩織炎)ヒアルロニダーゼ人食いバクテリア溶血性レンサ球菌エンテロトキシン筋炎のいろいろ非淋菌性尿道炎リンコマイシン血液寒天培地プロントジル肺炎連鎖球菌リウマチ熱サルファ剤グラム染色ペニシリン

レンサ球菌の関連情報