七種・七草(読み)ななくさ

大辞林 第三版の解説

ななくさ【七種・七草】

七つの種類。また、「いろいろ」の意にも用いる。
「春の七草」のこと。 [季] 新年。
「秋の七草」のこと。 [季] 秋。
「七種の節句」の略。
[句項目] 七種を囃す

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なな‐くさ【七種・七草】

[1] 〘名〙
① 七つの種類。なないろ。また、いろいろ。
※書紀(720)垂仁三年三月(北野本訓)「将来(もてきた)る物は、羽太玉(はふとのたま)一箇(ひとつ)、〈略〉日鏡一面(つ)、熊(くま)の神籠(ひもろき)一具(ひとそなへ)、并(あは)せて七物(ナナクサ)あり」
② 秋の七草の称。秋の野に咲く、ハギ・オバナ・クズ・ナデシコ・オミナエシ・フジバカマ・キキョウの七種をいう。→あき(秋)の七草
※俳諧・初心もと柏(1717)「七くさや酢味曾遁れて秋の花」
③ 春の七草の称。セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベ・ホトケノザ・スズナ・スズシロの七種の菜(な)をいう。後世は七草がゆとしてこれらを食べる。→はる(春)の七草
※類従本赤染衛門集(11C中)「春日野のけふなな草のこれならで君をとふひはいつぞ共なし」
④ 「ななくさ(七種)の節供」の略。《季・新年》
※俳諧・犬子集(1633)一「七種は唐土の鳥のすりえ哉」 〔日次紀事(1685)〕
⑤ 七種の節供に、七種の菜をのせた俎(まないた)をたたくこと。また、そのようなさまに物をたたいたり、足拍子をうったりすること。→ななくさを囃(はや)す
※俳諧・猿蓑(1691)四「七種や跡にうかるる朝がらす〈其角〉」
[2] 上方唄の曲名。初代津山検校作曲。箏曲にとり入れられたり、長唄に入れられたりしている。
※滑稽本・風来六部集(1780)放屁論「碪(きぬた)・すががき・三番叟・三ツ地・七艸(ナナクサ)・祇園囃・犬の吠声・鶏𥧔(にはとりべ)・花火の響きは両国を欺き」
[語誌]五節供の一つ人日(正月七日)に七種の若菜を粥にして食する風習は、中国の「荊楚歳時記」(六世紀初)に見える。日本では正月の初の子の日に小松を引き、若菜の羹を食べたものが、正月一五日の供御の七種粥(米・粟・黍・稗子・葟子(みの)・胡麻・小豆の七種の穀で作る)と結びつき、中国の影響もあって正月七日の行事になった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android