コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

上宮寺 じょうぐうじ

1件 の用語解説(上宮寺の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じょうぐうじ【上宮寺】

愛知県岡崎市にある真宗大谷派の寺。山号は太子山。寺伝では親鸞の三河柳堂の行化で帰依したという蓮行を開基とするが,桑子妙源寺の分寺で,その孫弟蓮願に始まる。当初高田派であったが,本願寺存如のころから本願寺派に転じたようで,1461年(寛正2)には蓮如裏書の本尊を下付されている。時の住持如光は,本願寺破却にあたって上洛し,比叡山に礼銭をつきつけて解決したことで有名。84年(文明16)の如光弟子帳には105の末寺,道場が記録される大勢力を形成していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

上宮寺の関連キーワード住田智見甚目寺専修寺大樹寺医王寺大谷祖廟願入寺専称寺本泉寺妙源寺

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

上宮寺の関連情報