コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中里[町] なかさと

2件 の用語解説(中里[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

中里[町]【なかさと】

青森県北津軽郡,津軽平野北部の旧町。西は岩木川,北西は十三湖に面し,津軽鉄道の終点。低湿地帯であったが土地改良が行われて水田が開け,木材の産も多い。2005年3月北津軽郡小泊村と合併し町制,中泊町となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なかさと【中里[町]】

青森県北西部,北津軽郡の町。人口1万1687(1995)。津軽半島中央部に位置し,西部は津軽平野北端にあたり,十三湖に注ぐ岩木川東岸の三角州を含む。東部は半島の脊梁をなす津軽山地の西斜面である。平野の大半はヨシの茂る沼沢を江戸時代初期から開拓したもので,腰切田,乳切田などと呼ばれる湿田であった。1918年に岩木川改修事業が始められ,48‐69年には国営十三湖干拓事業が行われて乾田化がすすんだ。しかし津軽山地から流れる今泉川の谷を吹き抜ける〈やませ〉の影響を受け冷害が起こりやすい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中里[町]の関連キーワード津軽国定公園習志野むつ五所川原弘前鰺ヶ沢今別つがるこどまりつるた

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone