中院(読み)チュウイン

  • ちゅういん ‥ヰン
  • ちゅういん〔ヰン〕
  • なかのいん
  • なかのいん ‥ヰン
  • なかのいん なかのヰン
  • 姓氏

デジタル大辞泉の解説

同時に三人以上の上皇または法皇があるとき、2番目の人。本院新院に対していう。なかのいん。
斎宮寮の一。頭(かみ)以下の役人詰め所
矢ので、三重の輪の2番目の部分。
姓氏の一。村上源氏の一流。具平親王の子師房臣籍に下って源を賜り、その後裔である鎌倉時代の大納言通方(みちかた)を祖とする。
[補説]「中院」姓の人物
中院通勝(なかのいんみちかつ)
中院通村(なかのいんみちむら)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

上皇が同時に三人以上いる時、本院の次の上皇をさす称。なかのいん。
斎宮寮の頭以下の役人の詰め所。 → 内院外院
弓の的で、三重に書いた黒い輪のうち、二番目のもの。
「中和院ちゆうかいん」の略。
姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙
① 上皇が一時に三人以上ある時、二番目の上皇をいう称。本院・新院に対する言いかた。
※有明の別(12C後)一「中院の行幸のほど、げに御らんじなれにしかたは、ふと御むねふたがりて」
② 斎宮寮の頭以下の役人の詰所。〔新任弁官抄(1158‐59頃)〕
③ 弓の的の部分の名。三重に書いた黒い輪の二番目に当たる部分。
※続日本紀‐慶雲三年(706)正月壬辰「定大射祿法〈略〉一箭中外院、布二十端、中院二十五端、内院三十端」
[2]
[二] 藤原為家が父定家、舅蓮生より受けついだ嵯峨の山荘。また、特に為家を指す。
※明月記‐嘉禎元年(1235)五月一日「午終自中院頻招請」
[1] 〘名〙 =ちゅういん(中院)(一)①
※公衡公記‐正応二年(1289)正月二日「次大将殿〈略〉令禅林寺殿給〈中の院御座〉」
[2] 京都、六条の北、烏丸の西にあった、もと淳和院領の邸。
※今鏡(1170)六「やうやういそぎいでて、つぎに中の院にわたりて、内のおとどの御よろこび申給ければ」
姓氏の一つ。村上源氏。源雅定が中院右大臣を称し、その曾孫通方が分家して中院家の初代となる。大臣家の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の中院の言及

【神嘉殿】より

…平安宮の中院の正殿。中院は中和院(ちゆうかいん)とも称し,内裏の中枢部の内重の西側に位置し,内裏の外重の北西隅に築垣に囲まれた一院を形成する。…

【中和院】より

…平安宮内裏の西にある一区画。中院ともよばれていた。中院の初見は804年(延暦23)8月(《日本後紀》),中和院は831年(天長8)8月(《類聚国史》)で,両者併用されていたらしい。…

※「中院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

中院の関連情報