コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久世[町] くせ

百科事典マイペディアの解説

久世[町]【くせ】

岡山県北部,旭川の上流域の真庭郡の旧町。中心の久世はかつて出雲街道宿駅伯耆(ほうき)街道の分岐点。今は岡山と倉吉を結ぶ交通要地で,姫新(きしん)線が通じる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くせ【久世[町]】

岡山県北部,真庭郡の町。人口1万1638(1995)。旭川中流域に位置し,中国山地吉備高原との間にある山間盆地群の一つ勝山盆地が旭川と目木川の合流点付近に開ける。中心集落の久世は出雲街道と伯耆街道の分岐点にあたる宿場町として発展,江戸初期に始まったといわれる定期牛市〈久世市〉が現在も開催される。米作,酪農中心の農業と農林産物の流通加工を主とした商工業基幹産業で,近年,大手企業を誘致した工業団地の造成も進められている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android