コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久世[町] くせ

2件 の用語解説(久世[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

久世[町]【くせ】

岡山県北部,旭川の上流域の真庭郡の旧町。中心の久世はかつて出雲街道の宿駅で伯耆(ほうき)街道の分岐点。今は岡山と倉吉を結ぶ交通要地で,姫新(きしん)線が通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

くせ【久世[町]】

岡山県北部,真庭郡の町。人口1万1638(1995)。旭川中流域に位置し,中国山地吉備高原との間にある山間盆地群の一つ勝山盆地が旭川と目木川の合流点付近に開ける。中心集落の久世は出雲街道と伯耆街道の分岐点にあたる宿場町として発展,江戸初期に始まったといわれる定期牛市〈久世市〉が現在も開催される。米作,酪農中心の農業と農林産物の流通加工を主とした商工業が基幹産業で,近年,大手企業を誘致した工業団地の造成も進められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

久世[町]の関連キーワード津山美作岡山佐倉二戸備前真庭飛騨メルヘンの里 新庄真庭鶴

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone