佐渡(市)(読み)さど

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐渡(市)
さど

新潟県の佐渡島(さどがしま)1島からなる市。2004年(平成16)、両津(りょうつ)市および佐渡郡の相川(あいかわ)町、佐和田(さわた)町、金井(かない)町、新穂(にいぼ)村、畑野(はたの)町、真野(まの)町、小木(おぎ)町、羽茂(はもち)町、赤泊(あかどまり)村の1市7町2村が合併して発足した。佐渡市の誕生により、佐渡島は全域が佐渡市となり、佐渡郡はなくなった。両津港には新潟港から定期航路が通じ、市の玄関口となっている。ほかに小木港―直江津(なおえつ)港、赤泊港―寺泊(てらどまり)などの航路もある。秋津の佐渡空港から新潟空港へ空の便がある。国道350号が通じる。
 北の大佐渡山地と南の小佐渡山地にはさまれた国中(くになか)平野は古くから米どころとして知られ、果樹栽培も盛んで、おけさ柿は特産品。外海府(そとかいふ)海岸や小木半島などが佐渡弥彦米山(やひこよねやま)国定公園に含まれ、尖閣(せんかく)湾、南仙(なんせん)峡などの景勝地がある。中世には遠流(おんる)の島として順徳(じゅんとく)上皇や日蓮(にちれん)が流され、江戸時代には佐渡金山が栄えて、それらにちなむ史跡も多い。国際保護鳥であるトキの佐渡トキ保護センターも有名。面積855.31平方キロメートル、人口6万2727(2010)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android