コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北野[町] きたの

2件 の用語解説(北野[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

北野[町]【きたの】

福岡県中南部,三井(みい)郡の旧町。筑後川中流の肥沃な筑紫平野にあり,米麦を多産し,野菜の栽培も盛んな農業地帯をなす。主集落は天満宮鳥居前町から発達,西鉄甘木線が通じ久留米市への通勤者が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きたの【北野[町]】

福岡県南西部,三井郡の町。人口1万7133(1995)。筑紫平野の中北部に位置し,南は久留米市に接する。南縁を筑後川が西流し,町域はその北岸にひらける。肥沃な土壌に恵まれ,米どころとして知られる。また野菜生産も盛んで,レタスなど100品目を超える野菜が,福岡市をはじめ阪神・京浜方面まで出荷される。中心集落の北野は,北野天満宮の鳥居前町として発達し,かつては三井郡の経済の中心であったが,西鉄甘木線が開通(1921)してからは久留米に商業の繁栄を奪われ,一時人口も停滞していたが,最近は久留米の発展の影響で増加傾向に転じている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone