コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今伝授(受) こきんでんじゅ

1件 の用語解説(古今伝授(受)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

古今伝授(受)【こきんでんじゅ】

古今和歌集》に関する秘伝の授受。難解歌などの解釈は,平安末・鎌倉期には和歌の家の権威と結びつき,しだいに秘伝として伝えられるようになった。藤原基俊俊成定家→為家の血脈による伝授などがそれだが,定家の子孫の二条,京極,冷泉3家への分立以後はそれぞれの家の末流や師弟間でも伝えられるようになっていき,室町中期に,二条家の末流である自家の秘伝と,頓阿の流れをくむ秘伝とを合わせて,東常縁が連歌師宗祇に伝授して,いわゆる古今伝授の原型をつくった。
→関連項目切紙口伝後水尾天皇実隆公記下河辺長流戸田茂睡細川幽斎

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

古今伝授(受)の関連キーワード十三代集新古今和歌集新続古今和歌集勅撰和歌集二十一代集八代集古今和歌集打聴古今和歌集正義私撰和歌集続古今和歌集

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone