(読み)ウベ

  • ▽宜/▽諾
  • むべ
  • よろし
  • よろしき
  • よろしく
  • よろし・い
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

[副]《平安時代以降は「むべ」と表記されることが多い》肯定する気持ちを表す。なるほど。いかにも。むべ。
「山河のさやけき見れば―知らすらし」〈・一〇三七〉
常用漢字] [音](呉)(漢) [訓]むべ うべ よろしい
程よくかなっている。「機宜時宜辞宜適宜便宜
[名のり]すみ・たか・なり・のぶ・のり・のる・まさ・やす・よし
[難読]宜乎(うべなるかな)・禰宜(ねぎ)
[副]うべ」に同じ。
「吹くからに秋の草木のしをるれば―山風をあらしといふらむ」〈古今・秋下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 その場にあてはまって都合がよいこと。
※地蔵菩薩霊験記(16C後)一二「よろしく万事の成敗宜(ギ)に中(あたり)ければ」
〘形口〙 よろし 〘形シク〙 古代では「よし」が積極的な判定を下すのに対して、「よろし」は消極的で、「よし」よりも低い評価を表わす。
① 好ましい。心にかなう。満足できる。
※古事記(712)上・歌謡「沖つ鳥 胸(むな)見る時 羽叩ぎも 此し与呂志(ヨロシ)
② 適当である。ふさわしい。正しい。→よろしく
※弁中辺論延長八年点(930)中「此が中に応(ヨロシキ)が如く、其の義を顕示すべし」
③ 凶に対して、吉である。
※蜻蛉(974頃)下「この十九日、よろしき日なるをとさだめてしかば」
④ まずまずの程度である。十分ではないが、まあよい。悪くない。
※土左(935頃)承平五年一月一八日「この歌どもを、すこしよろしと聞きて」
※浮世草子・西鶴織留(1694)六「相応の所へよろしく仕付事のならぬ者」
⑤ 特に、身分・家柄・経済状態・教養などがまずまずの程度である。
※枕(10C終)五七「若くよろしき男の、下衆女の名よび馴れていひたるこそにくけれ」
⑥ 特に、健康の状態がまずまずの程度である。病気が小康状態である。
※源氏(1001‐14頃)若紫「かの山寺の人はよろしくなりて、いで給ひにけり」
⑦ 平凡である。なみ一通りである。
※大和(947‐957頃)一六八「妻は三人なむありけるを、よろしくおもひけるには、なほ世に経じとなむ思ふと、二人にはいひけり」
⑧ 静まるようである。おさまりそうである。
※今昔(1120頃か)一四「法花経講ぜさせなど為る程、地獄の熖宜く見ゆ」
⑨ 是認できる。許可できる。さしつかえない。
※浪花聞書(1819頃)「よろしいよって よひから也」
⑩ 相手の言ったことを了解、了承した時、また、満足ではないが、それで仕方がないと容認、また、放任していう語。わかった。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「よろしい分りました」
[補注](1)連用形「よろしく」に見られる、いくつかの特殊な意味、用法は副詞として別項で扱った。
(2)動詞「よる(寄)」からヨラシという形容詞が派生し、それがヨロシに変化したもので、その方へ近寄りたいというのが原義だという説が有力である。
よろし‐げ
〘形動〙
よろし‐さ
〘名〙
〘名〙 (形容詞「よろし」の連体形から) ちょうどよい程度、状態。
※増鏡(1368‐76頃)七「よろしきをだに、人の親はいかがは見なす」
〘副〙 (形容詞「よろしい」の連用形から。「宜敷」はあて字)
① (漢文訓読で「宜」の字を「よろしく…べし」と読むところから) そうすることが当然であったり、必要であったりするさまを表わす語。すべからく。まさに。ぜひとも。必ず。
※法華義疏長保四年点(1002)四「宜しく、之に順同すべしといふぞ」
② その場の成り行きや雰囲気に適合するようにするさまを表わす語。よいほどに。ほどよく。適当に。
※自画像(1920)〈寺田寅彦〉「絵具の方ですっかり合点してよろしくやってくれるのを」
③ 特に、歌舞伎脚本のト書に用いて、その場にふさわしい適当な演技での意にいう。
※歌舞伎・韓人漢文手管始(唐人殺し)(1789)二「二重舞台千嶋正が後ろに、伴蔵、丈助始近習の侍大勢並び、いづれも宜敷」
④ 好意や案ずる心を他に伝言してもらう時にいう挨拶の語。また、人に何かを頼んだりする時に添える語。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「乍恐縮かの猫へも宜しく御伝声奉願上候」
⑤ 上に記述された内容を受け、いかにもそれに似て、いかにもそれらしくの意を表わす語。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉九「高麗人(こまびと)よろしくてふ麦藁帽子で、ジット頭を制へつけて」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「どうした、土左的宜敷(ヨロシク)といふ顔色だぜ」
〘形シク〙 ⇒よろしい(宜)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宜の関連情報