富士[市](読み)ふじ

  • 富士

百科事典マイペディアの解説

静岡県中東部の市。1966年市制。富士川三角州にある1954年市制の旧富士市地区と,旧吉原市地区が中心。北部は富士山麓で,南は駿河湾に面し田子ノ浦がある。東海道本線が通じ,身延線が分岐する旧富士市地区は近世,加島五千石と呼ばれた穀倉地であったが,明治以後交通要地,富士山の豊富な湧泉を利用して全国有数の製紙工業都市として発展。電機器具,製紙機械,化学製品,輸送用機器などの工業も盛んで,1兆2572億円(2003)の製造品出荷額を上げ,県内では4位,そのうち製紙・パルプ工業で4割近くを占める。近年工場排水とばい煙による公害が著しい。周辺ではミカン,野菜などを栽培し,施設園芸も盛ん。東海道新幹線東名および新東名高速道路が通じ,岳南鉄道が市内を結ぶ。2008年11月庵原郡富士川町を編入。244.95km2。25万4027人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

静岡県東部,富士川左岸にある市。1966年吉原市(1948市制),富士市(1954市制),鷹岡町が合体して現在の富士市となる。人口22万9187(1995)。市域は富士山南斜面,愛鷹(あしたか)山西斜面,富士川扇状地と沼川沿いの浮島ヶ原低地などにわたる。明治以降,この地域の発展は和紙生産の伝統と豊富な水資源を利用した製紙工業の発達とともにある。1890年鷹岡に,1908年加島村に富士製紙工場がつくられ,翌09年東海道本線富士駅が開業すると富士地区は商工業の中心地となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の富士[市]の言及

【吉原】より

…駿河国(静岡県)富士郡の東海道の宿駅。鎌倉時代より見え,《春能深山路》弘安3年(1280)11月24日条に〈よしわらとて小家のあるに立ち入て〉とある。…

※「富士[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android