コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾上菊五郎(7世) おのえきくごろうななせい

1件 の用語解説(尾上菊五郎(7世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾上菊五郎(7世)
おのえきくごろうななせい

[生]1942.10.2. 東京
歌舞伎俳優。屋号音羽屋。7世尾上梅幸の長男。本名寺嶋秀幸。 1973年菊之助より7世襲名。初め女方に専念したが,近年は立役にも優れる。 1986年日本芸術院賞受賞。 2003年重要無形文化財保持者に認定された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の尾上菊五郎(7世)の言及

【尾上菊五郎】より

…その芸は15世羽左衛門と,実子の6世菊五郎がついだ。写真集にみごとな容姿が残っているほか,伊坂梅雪が筆記した《尾上菊五郎自伝》という好著がある。(6)6世(1885‐1949∥明治18‐昭和24) 5世の実子。…

※「尾上菊五郎(7世)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

尾上菊五郎(7世)の関連キーワードアルキル基階乗偶数スターリングの補間公式リーマン幾何学Nエヌ歌舞伎狂言三角数Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone