コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡城跡

デジタル大辞泉プラスの解説

岡城跡

大分県竹田市にある公園。岡城跡を公園として整備したもの。日本の歴史公園100選に選ばれている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

国指定史跡ガイドの解説

おかじょうあと【岡城跡】


大分県竹田(たけた)市竹田にある城跡。別名、臥牛(がぎゅう)城、豊後(ぶんご)竹田城。北を稲葉川、南を白滝川に挟まれ、断崖絶壁が切り立ったような標高325mの天神山に築かれ、城域は東西2500m、南北360mに及ぶ。東から本丸・二の丸・三の丸・西の丸を配し、西側には大手門、東側に下原(しもばる)門を設け、二の丸・三の丸の北側には高石垣が築かれている。西の丸には御殿や重臣の屋敷などが置かれ、本丸南隅には御三階櫓(やぐら)が造られ、宝暦年間(1751~64年)の『宝暦御城真景図』では櫓は花頭窓(かとうまど)や高欄をつけた層塔形に描かれている。火災や廃城令による破却で、現在は石垣だけしか残っていないが、櫓や大手門などの跡がよくわかり、規模も大きいところから、1936年(昭和11)に国の史跡に指定された。その後、稲葉川周辺や藩校由学館跡、七里蔵跡、武家屋敷跡などの範囲が追加指定された。城の創建時期は定かではないが、建武年間(1334~38年)に大友氏一族の志賀氏が緒方氏の城を修築し、岡城と名づけたという。天正年間(1573~93年)には志賀親次(ちかよし)が薩摩の島津氏の来攻を撃退し、豊臣秀吉から感状を受けた。その後、大友氏の改易とともに志賀氏が城を去り、1594年(文禄3)に中川秀成(ひでしげ)が入封し、明治維新にいたるまで中川氏の支配が続くことになる。中川秀成は大規模な改修を行い、本丸の御三階櫓もこのときにできた。「荒城の月」で知られる滝廉太郎は幼少期を竹田で過ごし、岡城跡でその曲想を得たといわれており、一帯は岡城公園として整備されている。JR豊肥本線豊後竹田駅からコミュニティバス「岡城入口」下車、徒歩約10分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

世界大百科事典内の岡城跡の言及

【竹田[市]】より

…特産としてカボス,サフランがある。大野川の支流稲葉川と玉来川にはさまれた要害の地に,滝廉太郎作曲の《荒城の月》ゆかりの岡城跡(史)がある,幕末の南画家田能村竹田(たのむらちくでん)の旧宅竹田荘(史),1635年(寛永12)建築の愛染堂,円通閣,ドーム形のキリシタン洞窟礼拝堂などがあり,拝田原(はいだばる)の中川神社には〈HOSPITAL SANTIAGO 1612〉銘の銅鐘(重要文化財)が伝わる。また戸上(とのうえ)には前方後円墳2基などを含む七ッ森古墳(史)があり,周辺には縄文時代や弥生時代の遺跡も多い。…

※「岡城跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岡城跡の関連キーワード福岡県福岡市中央区城内宮城県柴田郡柴田町船岡青森県青森市浪岡浪岡本庄市塙保己一記念館宮崎県延岡市東本小路奈良県北葛城郡上牧町奈良県北葛城郡王寺町もりおか歴史文化館宮城県柴田郡柴田町福岡県福岡市中央区三重県鈴鹿市高岡町熊本県天草郡苓北町大分県竹田市竹田長野県飯田市駄科長野県佐久市田口滋賀県大津市瀬田中津川(岩手県)兵庫県伊丹市伊丹岩手県盛岡市内丸富山県高岡市古城

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡城跡の関連情報