岡部(読み)おかべ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡部(静岡県の地名)
おかべ

静岡県中南部、志太(しだ)郡にあった旧町名(岡部町(ちょう))。現在は藤枝(ふじえだ)市の北東部にあたる地域。旧岡部町は1889年(明治22)町制施行。1955年(昭和30)朝比奈(あさひな)村と合併。2009年(平成21)藤枝市に編入。国道1号が通じる。江戸時代の宿場町。地区の東端に東海道屈指の難所宇津ノ谷(うつのや)峠を控え、中央部を朝比奈川が流れる。同川上流部の山間地では冷涼な気候を利用して玉露(ぎょくろ)を栽培。茶を紹介する施設「玉露の里」もつくられている。地区南部では温州(うんしゅう)ミカンの栽培が盛んである。近年、住宅団地が多く造成され、静岡市のベッドタウン化が進行した。[川崎文昭]
『『岡部町史』(1970・岡部町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡部の関連情報