川湯温泉(読み)かわゆおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川湯温泉
かわゆおんせん

北海道東部,弟子屈 (てしかが) 町にある温泉地。明治初期に開発された。湧出量が豊富で,あふれた湯水湯の川となって屈斜路湖に注ぐ。泉質は酸性硫化水素,硫黄泉泉温 30~65℃。近くにアトサヌプリ (硫黄山) やシラカバ林,エゾイソツツジの群落があって,観光資源に恵まれ,北海道東部の有力観光温泉地となっている。阿寒国立公園に属する。

川湯温泉
かわゆおんせん

和歌山県中南部,田辺市東部にある温泉。十津川の支流大塔川沿いの河原のいたるところで湧出,露天風呂がある。単純炭酸泉で,泉温は 70~73℃。リウマチ,胃腸病,婦人病,痔疾特効があるとされ,国民保養温泉地に指定。熊野本宮大社瀞峡にも近く,吉野熊野国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かわゆおんせん【川湯温泉】

北海道東部、弟子屈てしかが町にある温泉。屈斜路湖と摩周湖の中間に位置する。泉質は酸性硫黄泉。
和歌山県田辺市本宮町川湯にある温泉。熊野川の支流大塔川の河原に湧出。泉質は含食塩重曹泉・単純泉など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕川湯温泉(かわゆおんせん)


北海道東部、川上(かわかみ)郡弟子屈(てしかが)町にある行楽向きの温泉。屈斜路(くっしゃろ)カルデラの火口原に位置する。西に屈斜路湖、東に摩周(ましゅう)湖を控え、阿寒(あかん)国立公園観光の基地。国民宿舎がある。ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉、酸性-鉄(II)-硫酸塩泉、ナトリウム-硫酸塩泉。泉温75℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かわゆ‐おんせん かはゆヲンセン【川湯温泉】

[一] 北海道東部、弟子屈(てしかが)町にある温泉。摩周湖と屈斜路湖の中間にある。泉質は酸性硫黄泉。
[二] 和歌山県東部、田辺市本宮町川湯にある温泉。泉質は炭酸アルカリ泉。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

肺ペスト

ネズミなどのげっ歯類他が媒介するペスト菌が、肺に感染して起こる疾病。ペスト患者のうち「腺ペスト」が80~90%、「敗血症型ペスト」が約10%を占め、肺ペストは非常に稀にしか起こらない。ペスト患者の体内...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

川湯温泉の関連情報