得分・徳分(読み)とくぶん

精選版 日本国語大辞典の解説

とく‐ぶん【得分・徳分】

〘名〙
① 自分のもらう分。とりぶん。わけまえ。
※権記‐長保三年(1001)三月二八日「予得分五巻之中手自書写一巻」
② 自分の得になること。利益。もうけ。
※無名抄(1211頃)「我為面目ありしたびの事ながながと書き続けて侍こそをかしく、されどこの文の得分に、自讚少々まぜてもいかが侍らん」
③ 特に、荘園領主・荘官・地頭などが得る収益。地利得分とも。
※権記‐長保四年(1002)三月二九日「要劇田皆有本得分、故茂親朝臣為郷之時領知也」
④ (徳分) 徳として身についているもの。
※帰郷(1948)〈大仏次郎〉牡丹の家「何もしないでゐて一代を暮して行ける自信は生れつきのものらしく、根が坐って、それを徳分と信じ切ってゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android