コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳之島[町] とくのしま

2件 の用語解説(徳之島[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

徳之島[町]【とくのしま】

鹿児島県大島郡,徳之島の東部を占める町。主集落は東岸の亀津で,全島の行政・交通の中心地でもある。サトウキビの栽培が盛んで,野菜,果樹,花卉(かき)も産し,製糖・紬(つむぎ)織り工場もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とくのしま【徳之島[町]】

鹿児島県大島郡,徳之島東部の町。人口1万3640(1995)。井之川岳(645m)など古生層の山地が南北に連なり,沿岸部には標高100~200mの隆起サンゴ礁海岸段丘が発達する。下層の段丘上または段丘崖下に沿って集落がある。薩摩藩時代に代官所が置かれた中心集落の亀津,その北に鹿児島からの船が発着する亀徳,さらに北方にかつてかやぶき屋根の民家が軒を並べて特異な景観をみせていた母間(ぼま)などの集落があり,島を一周する道路で結ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone