コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セツ

3件 の用語解説(拙の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せつ【拙】

[名・形動]じょうずでないこと。つたないこと。また、そのさま。⇔
「主人は寧ろ―な部類に属すると云ってよろしい」〈漱石吾輩は猫である
[代]一人称の人代名詞。男性が自分自身をへりくだっていう語。遊里などで用いられた。
「―も今日たまげて仕舞いやしたのサ」〈木下尚江良人の自白

せつ【拙】[漢字項目]

常用漢字] [音]セツ(漢) [訓]つたない まずい
つたない。まずいこと。「拙攻拙守拙速拙劣古拙巧拙稚拙
自分や自分に関することを謙遜していう語。「拙稿拙者拙宅

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せつ【拙】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
まずいこと。へたなこと。また、そのさま。 「その策は-の-なるものだ」 「其前に朱泥の色をした-な花活はないけが飾つてある/門 漱石
( 代 )
一人称。男性が自分のことを謙遜していう語。近世、遊里などで半可通や幇間ほうかんなどが用いた。 「 -も遅参に及んでは、その罪また軽からずす/滑稽本・七偏人」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

拙の関連情報