コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セツ

デジタル大辞泉の解説

せつ【拙】

[名・形動]じょうずでないこと。つたないこと。また、そのさま。⇔
「主人は寧ろ―な部類に属すると云ってよろしい」〈漱石吾輩は猫である
[代]一人称の人代名詞。男性が自分自身をへりくだっていう語。遊里などで用いられた。
「―も今日たまげて仕舞いやしたのサ」〈木下尚江良人の自白

せつ【拙】[漢字項目]

常用漢字] [音]セツ(漢) [訓]つたない まずい
つたない。まずいこと。「拙攻拙守拙速拙劣古拙巧拙稚拙
自分や自分に関することを謙遜していう語。「拙稿拙者拙宅

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せつ【拙】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
まずいこと。へたなこと。また、そのさま。 「その策は-の-なるものだ」 「其前に朱泥の色をした-な花活はないけが飾つてある/門 漱石
( 代 )
一人称。男性が自分のことを謙遜していう語。近世、遊里などで半可通や幇間ほうかんなどが用いた。 「 -も遅参に及んでは、その罪また軽からずす/滑稽本・七偏人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

拙の関連キーワードブッタップ寺淡海昌敬加藤孝芳小川天保春沢嵩拙藪内紹節藪内紹貞斎藤拙堂岡宗泰純奥田尚斎藪内紹拙阿部董琳大岡孚斎寺井養拙大鑑禅師藪内紹庵青山延于祖渓徳濬滝精一素月尼

拙の関連情報